海外フライトにおける重量超過荷物の対策

旅行で海外にいくとき、スーツケースが思いがけず重くなるときがあります。

あっという間に制限の重さを超えることも。私はたびたびチェックインカウンターの脇で荷物を広げて重さ調整をしていました。体験談からいくつか対策をお伝えいたします。

スーツケースの重さを事前に計る

やはり、事前に重量オーバーしていないか確認しておくのが安心です。

体重計にそのままスーツケース載せても、人間が足で乗るようには重心が体重計内のポイントに集中せず、スーツケースがはみ出てうまく計測できないかとおもいます。自宅でスーツケースを持って体重計に乗り、その後スーツケースを持たずに体重のみを測り、その差をスーツケースの重さとしてカウントするのが一般的なやり方になります。

ですが、これが、荷物が重すぎて、持ち上げる際に力んだのかなんだか分かりませんが、大分ずれていたことがあります。なので、このやり方がベストと言い切れないことも。

重量チェックについては、こんな便利グッズもあるそうです。スーツケースの持ち手の部分にひっかけて、持ち上げることで重量を測る「ラゲッジチェッカー」。Amazonで2700円。取り寄せで時間がかかりそうなので、必要な場合は早めに入手しましょう。

1000円以内の同様のグッズもあるようです。精度は、確かなことは分かりませんが、おそらく日本のメーカーや商社が扱っているものであればある程度品質は保証されているかと思われます。

こういったものがあれば、自宅や体重計が置いてあるホテルなどだけではなく、空港でもどこでも量れるのが便利ですね。

荷物が重い時

LCCでない、一般的な航空会社であれば、エコノミーの場合は23㎏までのスーツケースを2個、そしてビジネスであれば32㎏までのスーツケース2、3個というのが一般的でしょう。

とはいえ、普通の短期の旅行であれば、持参するスーツケースは1個のことが多いのではないでしょうか。例えばエコノミーのチケットを持っていて、空港のカウンターでスーツケースを量ってみて、23㎏を少し超えたとします。ちょっとであれば、見逃してもらえることもあります。

見逃してもらえないときは、スーツケースを開け、一部取り出して、機内持ち込み用の荷物に追加します。このとき気を付けるべきことは、液体など機内持ち込みが制限されているものではないこと。そして重くて小さいものがいいでしょう。

機内持ち込み用のバッグにもよりますが。予めもしものとき用に、取り出す優先順位をつけておくとよいです。しかも重さを量っておいたら完璧ですね。何度もカウンターに行ってやり直す必要がなくなります。

ちなみに、最近ライターは機内持ち込みも預けも両方NGになったと聞きました。

機内持ち込みのバッグの重さは10㎏くらいが一般的でしょうか。これも意外と簡単に超えてしまいます。私はよく、この重いバッグを肩にかけ、後で見ると肩が軽く内出血を起こしています!機内持ち込みのバッグまで計測されることは少ないと思います。それよりも、バッグがいっぱいでもう、預け用から移せないパターンが多そうです。

この場合、段ボールや袋を調達して、そこに移すといいでしょう。23㎏までが2個までであれば、これによって、超過料金から逃れることができます。段ボールはチェックインカウンターの人に頼んだらもらえたこともあったように思いますし、もしくはご自身でどこか空港内の店舗まで調達しにいけばいいと思います。

スーツケースよりも安全性が保たれづらいので、あまり貴重でないもので壊れ物でないものがよいでしょう。またもし同行者がいて、荷物に余裕がある場合はお願いして預かってもらうと助かりますね。

超過料金を支払う方が手っ取り早い

超過料金を払わない方法を模索してはいたのですが、実は、思い切って、超過料金を支払うのがシンプルで大きなダメージにならない場合があります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。