静岡市駿河区の「高松公園」乳児にもオススメ!

子どもさんがまだ小さいご家庭では、普段から公園を利用する機会はたくさんあると思います。私自身も5歳と1歳半の子どもがおり、いろんな公園を利用してきましたし、これからも利用することになります。

静岡市は公園が多いのですが、大きな公園では当たり前として、小さな公園でもトイレがついているところが多く、まだうちの上の子のように、オムツは外れているけれど、トイレを長く我慢できない年頃の子どもがいるご家庭にとって利用しやすい環境となっている公園が多くて助かっています。

特に規模の大きな公園では、土日祝日だけ隣接する周辺の道路の路駐禁止が解除されるところもあるなど、車での移動も考慮された親切な公園も数多くあります。

そんな大きな公園も、私自身はまだまだ行ったことのないところも多いのですが、今回はわが家がたまに利用する、駐車場や公園の規模、遊具の種類などを考慮した上で、幼稚園前の小さなお子さん連れでも楽しく安全に利用できるのではないかと思われる、静岡市駿河区の南の方に位置する「高松公園(たかまつこうえん)」についてご紹介してみたいと思います。

高松公園」へのアクセス


・所在地:静岡市駿河区宮竹一丁目6番

公園自体の駐車場はありませんが、公園のすぐ隣に「ウエルシア」という大きいドラッグストアがあり、そこの駐車場がかなり広く、公園利用者にもよく利用されています。

あまり大っぴらにオススメするのはよくないかもしれませんが、子ども連れで飲み物などを購入したときに、「今日は公園で遊んでいたら暑いでしょ~」などと、レジでお店のスタッフさんから声をかけられたこともあるくらいなので、お店側も公園利用者が駐車場を使っているのを黙認している節もあるようです。

私も、公園に行くためにそこの駐車場を利用するときは、一応ドラッグストアでも何か買い物をするようにはしています。もともと店舗が広いドラッグストアなので品ぞろえもよく、ちょっとした飲み物やパン、お菓子などもコンビニより安く買えることもあり、公園でのランチやおやつタイムの仕入れにもちょうどいいと思います。

公園に行くために駐車場を利用したいからというだけではなく、普段から重宝しているお店の一つでもあります。

公共交通機関を利用する場合は、最寄りのバス停は、しずてつジャストラインバス「宮竹1丁目」です。JR静岡駅前から県立病院高松線外(11番のりば)で約20分、運賃大人240円/小人120円(平成30年4月現在)となっており、そこから徒歩10分ほどのところに「高松公園」は位置します。

ただ、公共交通機関では時間もかかりますし、バス停が少しわかりにくいところにあるため、車があるのであれば、なるべく車で行く方がいいとは思います。車であれば、JR静岡駅から石田街道をずっと南下し、静岡銀行下島支店の角を左折した大きい道路沿いにあるので、とてもわかりやすいです。

目印は「飛行機型ジャングルジム」

「高松公園」にはいろんな遊具がありますが、その中でもまず目を引くのが、真ん中にある飛行機型のジャングルジムです。


公園が開設されたのが昭和57年ということで、開設当初からあるらしいこのジャングルジム、見た目のとおり、通常の四角いジャングルジムに比べると、上まで登り切ったあとに降りるのが怖くなってしまうような形となっています。

公園に行く度に、上まで登ったはいいけれど、怖くなってそこから動けないと泣いている小さい子をよく見かけます。

うちのお姉ちゃんも、以前はそうでした。公園に行くと、嬉しそうに上に登っていくのですが、途中で怖くなって動くことができず、結局は親が檄を飛ばして丁寧に下から指示をしたり手を貸したりと手伝いをして降ろしていました。

幼稚園に通うようになり、園でいろんな遊具を使うようになってから、ようやく自分だけで登り降りができるようになりましたが、それでもたまに、動けなくなって助けを求めてくることがあります。でも、そうまでして登ろうとするのは、上の方にある座席部分が魅力的なんでしょうね。
ちなみに、このジャングルジムに慣れてからは、飛行機の後ろ部分の斜めの平行棒をすべり台の要領で降りてくるようになりました。腕力ができれば、翼部分の「うんてい」にチャレンジしつつ飛び降りるというのも楽しそうですね。

乳幼児に優しい遊具もたくさん!

ここ「高松公園」の魅力の一つに、幼稚園にもまだ入っていない子どもたちが遊びやすい遊具が多い、ということがあります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。