ドイツ暮らし始めた際の役場や銀行の手続き

ドイツ・デュッセルドルフにやってきて、はや二週間。
こちらで生活していくために、役場や銀行での各種手続きを行いました。
ドイツ語、やっぱりできないと厳しいかも!

デュッセルドルフはどんな街?


ライン川のほとりにある、ヨーロッパ最大の日本人コミュニティがあるというドイツの西側の街です。日本人は6000人以上いて、ここは日本だろうかと錯覚するほどの日本人だらけの生活エリア、そして日本食やレストランなどが集まっている通りがあったりと、日本人がヨーロッパ生活を始めるにはもってこいの街だそうです。

ドイツは他のヨーロッパ諸国に比べて労働ビザが取りやすく、デュッセルドルフはそのなかでもとりわけ日本人に友好的なんだとか。ちなみに、ベルリンもフリーランスがビザを取りやすいそうです。

役場手続きその1:まずは住民登録


すべてはここから始まります。どこの国でも、やっぱり基本中の基本は住民登録。とはいえ、日本とはだいぶ雰囲気もシステムも違いました。

なぜか、駅やスーパーなど、普段の生活の場以上に人種のるつぼとなっていて、香辛料が香ってきそうな雰囲気です。ドイツ人はそれほど見当たらず、エキゾチックで、肌の浅黒い中東やアフリカ出身の人々が多い感じ。

どのように受付するかというと、銀行や郵便局のように用途別に機械で番号札を取る仕組み。ドイツ語のほかに英語やフランス語が選べるようになっています。

さっそくトライ。住民登録を選択し、プリントボタンを押すと、本来は文章が表示されているのであろう真っ白の画面(実際はグレーでしたが)が出てきてその下にOKの文字があるので、試しにクリックすると、最初の言語選択画面に戻るという謎の事態が発生。機械が壊れているのかと、数台あった残りの機械も試してみるけれど、同じ現象が起きます。イライラしながら、スタッフに聞きに行くと、今日はもう受付終了、人がいっぱい来たから今日はこれ以上さばけない、明日の朝7時半に来るようにと。

ショックを受けつつも、どうやら支所があるらしいときき、試しに行ってみたけれども同じ現象が発生。やはり、今日の分は締め切ったから明日の朝7時半に来るようにとのこと。

インターネットからも受付することができるようなのですが、そうすると、予約する日時のが何日か後になってしまうようです。ちょうど日本でインターネットで物を買うときに日付指定をするとその選択肢が数日後からしか出てこないのと同じ感覚ですね。

ちなみに、これはトイレ!なぜかブルーライトが点いています。落ち着かない!

翌日、朝7時半過ぎにいってみると、もうすでに支所の待合室はいっぱい。札には8時半から8時45分と出ました。皆きっと来るのがのんびりだろうと高をくくっていましたけれど、とんでもない。意外とまじめなんですね。

支所の待合室は、その場にいる人たち皆におはようといいながら入ってくる人が多いです。それにこたえる人たちも少なくないし、さようならといって出ていく人たちも多く。気恥ずかしいけれど、素敵な心掛けです。

8時半と札はなっているけれど、もっと早くに呼ばれるのではないかと思い、またそれを期待していましたが、呼ばれたのは本当に8時半ジャスト!その正確性に驚くとともに、逆にそれに合わせられたではないかという疑問も。

あらかじめ、紙に新住所、日本の住所等書いて持参していたので、窓口で渡しました。すると、その場でそのスタッフの人が入力し始めました。PCの画面には覗き込み防止のグレーのフィルターがかかっているので、私のところからはよく見えませんが、まあ、入力していることは、本当に基本的なことのはずです。

既婚かどうかを聞かれ、さらに宗教をきかれました。宗教はテロ対策??と思いましたが、どうやら、クリスチャンには税金がかかるという噂です。

ときどきドイツ語で話しかけられ、分かりませんと言っていたら、なんとか先方も苦手な英語で対応してくれました。でも、今度は英語の通訳を連れてくるようにと言われました。印刷された住民登録票のほか、この町のスターターキットが渡されました。ピザの箱みたいなものに地図などが入っています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。