双子あるあるブログ │ 退院後の工夫

さて12/30に破水による緊急帝王切開で双子を出産した私でしたが、乾燥と産後の興奮で一晩眠れずに朝を迎えました。

産後、起き上がるまで

夜通し起きていると大学病院の産婦人科はなかなか騒がしいです。その晩は緊急の出産が二件あったようでした。

朝になって、看護師さんの回診でお茶を飲むことが出来ました。

術後久し振りに飲むお茶は美味しいよー!と帝王切開経験者からは聞いていたのですが、私が双子妊娠で経験したつわりは、何を食べても何を飲んでも後味が喉の奥にずっと引っかかっていて気分が悪いという現象もあったため、産後初めて飲んだお茶がすっと喉を通っていく心地良さにとても感動しました。

昼前にベッドから起き上がる練習を看護師さんの指導の下で始めます。

起き上がって、座って、入り口まで歩けたらNICUに赤ちゃんを見に行きましょうと双子を人質に取られたようなやり方でスタート。

お腹に昨日閉じたばかりの切開の傷があるので、どう頑張ってもいつも通りには起き上がることが出来ません。

まず横を向いて、両手でベッド柵に捕まり上体を起こすのですが、まず横を向くのが辛い。当然ベッド柵に全体重をかけても起き上がるのも辛い。何とか座っても今度は立ち上がれない。立ち上がっても出す一歩がとても小さい。横を向いてから入り口まで辿り着くのに30分はかかりました…

普段使っていないような気がしていても、お腹ってのは力を入れているもんなんだなあと実感です。

何とか許可をもらって車椅子に乗り、夫に押してもらってNICUへ双子の顔を見に行きました。
NICUでは携帯電話は持ち込めないので、デジカメを持参します。

出産した直後には分からなかった双子の大きさですが、三女が約2100g、四女が約2300gで「1500gあったら御の字」くらいに思っていた私としては十分な大きさでした、改めて見るとやはり上二人に比べて小さいなあと思いました。

双子はその後GCUに移動して、三週間の入院。

最初のうちはミルクの時間になっても寝っぱなしで、60mlも飲めないような赤ちゃんでしたが、最終的には大きな声で泣くくらい元気に退院してきて、我が家は一気に騒がしくなりました。

私は割と楽観的というか、先のことどうしようって考えても仕方ないよなーというタイプなので、ほぼノープランで双子を迎え入れました。

双子の寝かしつけ

我が家は既に上に二人いたため、双子のためにと何でもかんでも買うほど室内に余裕がなく、退院までに増やしたものは双子用のベビーカーとチャイルドシート、ウォーターサーバーくらいでした。

一番懸念されたのは二人同時の寝かしつけだったので一時自動でスイングするハイローチェアも検討したのですが、この後使う予定がない・場所を取る・GCUで乗せられても泣いていたという点から結局断念。

なので双子が同時にぐずってどうにもならないときは、交代で一人は泣かせっぱなし一人は抱っこ、もしくは抱っこ紐で一人寝かしつけている前で無理矢理もう一人を横抱っこでユラユラ、とにかく体力も精神も削られる日々でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。