子供のGPS「どこイルカ」とは?キッズケータイNGの学校におすすめ

子どもが小学校に上がるにあたり、私が一番心配していたのが「無事行って、無事帰ってくるのだろうか?」ということ。

道を歩けば右へ左へふらふら、興味のあるものには猪突猛進のうちの男児。幼稚園のころは私が送り迎えをしていたので、途中でいなくなったり事故にあうことはありませんでしたが、小学校は自力で行って自力で帰ってきます。

校区の小学校は、我が家から徒歩10分ほど。見守り隊の方は毎日立ってくださっていますし、人口密度がかなり高い住宅地のため、人の目が多く誘拐や連れ去りの可能性はほぼありません。そのぶん車や自転車がたくさん走っているので、交通事故が心配。

行きは集団登校なので比較的安心ですが、帰りは個々に帰ってきます。「毎日迎えに行った方がいいんだろうか?」と悩んだときもありました。ですが私も仕事をしている関係で、毎日迎えに行くのは厳しい…。

そこで「居場所だけでも分かれば、すぐに助けに行けるかな」と、購入を検討したのがキッズケータイでした。でも、学校説明会で「キッズケータイは持ちこみNG」と言われてしまい…。なにがいいのか探していて、見つけたのが子ども見守り用GPS「どこイルカ」だったのです。

どこイルカとは?

どこイルカは、ちいさな位置検索端末です。

携帯電話のような通話はできません。メールもできません。基本は親が子供の位置を調べるだけのものです。

非常にシンプルで、見た目は防犯ブザーなので、学校に持って行っても問題ありませんし、防犯ブザーのように引っ張ると鳴る機能もあるので、防犯ブザー兼GPSとしてランドセルにつけることもできます。

防犯ブザーが作動すると、親が登録したアドレスにメールが送られてくるので、子供の危険を察知することもできます。

私がこのどこイルカを選んだ理由

・ちいさくてランドセルに入れやすい
・何回位置検索しても、追加料金がかからない
・スマホやパソコンなど、複数端末から位置検索ができる

という点です。

どこイルカは小さい!

まず小ささですが、子供の手のひらにすっぽりおさまるくらいの大きさです。

8cm×5cmくらいの大きさで、厚みは2cmくらい。出っ張った部分がなく、キッズケータイより厚みがないので、ランドセルの前の部分にすっぽり入れることができます。

うちの子は、どこイルカをランドセルの一番前のチャックができるポケットにいれています。軽いので負担はまったくないようです。

先述のとおり、防犯ブザーとしても使えるどこイルカなので、防犯ブザーとしてランドセルの外側につけようかなとも思ったのですが「落とした時が大変」「音があまり大きくない」ので、外につけるのはやめました。防犯ブザーは別でつけています。

小学校に入った4月からずっとどこイルカを使用していますが、ランドセルのチャックが出来る部分に入れて「絶対学校で出しちゃダメだよ」と言っているので、いまのところ紛失や落としたりすることはありません。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。