30代女性、ライフスタイルによってファッションを見直そう

30代女性のファッションコーディネートと言えば、ライフスタイルによって大きく変わります。

例えば平日はオフィスで働く女性、結婚して専業主婦の女性、また育児中の女性。

それぞれにファッションコーディネートもライフスタイルも変わります。でもどの女性にも共通するのが年齢。

30代と言えばアラサー、アラフォーと言われる年代。若いとは言い難いけれど老けた印象には見られたくないものですよね。また、体型も若い頃とは違いちょっとずつ太りやすくやせにくい体質にもなってきています。

特に見せたくない身体の部分も年齢によって変わってきますが、30代女性と言えば「太もも、二の腕」ではないでしょうか。

そこで、それぞれのライフスタイルで輝いている30代女性のファッションコーディネートについて、見せたくない部分を隠しつつ、老けて見えない年相応のコーディネートを見てみましょう。

オフィスで働く30代女性

オフィスで働く女性にとって、働きやすく、かつラフすぎない、また男性社員がいる場合目線を気にせず着られるファッションが理想的ではないでしょうか。

女性も多い職場ですと、年齢層によってもコーディネートを考えた方が無難ですし、かといって毎日同じファッション…という訳にも行きません。

そこでオフィスで働く30代女性におすすめのコーディネートとはどんなものでしょうか。

「二の腕」を隠せるフレアスリーブがおすすめ

フレアと言えば少し若いイメージもありますが、二の腕が気になる30代には絶好の隠しコーディネートです。

ノースリーブを着ると揺れる二の腕…。それをごまかすように、フレアスリーブは涼しい上にフレアスリーブ自体が揺れることで二の腕の揺れも見えませんし、着やせ効果もあります。

オフィスでもラフすぎず、女性らしさを残しつつも見せたくない部分はしっかり隠す…といった具合に、フレアスリーブは良いとこ取りをしてくれます。

上はスッキリ引き締め、下はワイドパンツでこなれ感

30代の女性、そろそろ細身のパンツを履くのも脚の太さが丸分かりでちょっと恥ずかしい…。かと言ってラフなジーンズやデニムもちょっと…。

という方にオススメなのがワイドパンツです。

ワイドパンツは窮屈なデニムのような締め付けもなく、素材も柔らかいものが多いため、座る作業が続くオフィスで働く女性にはうってつけです。

カジュアルに見えますが、素材次第でキレイめにも見えるワイドパンツ。上は短めのダボダボすぎないキレイめなトップスを着ればたちまち仕事が出来る女性に見えること間違いなしです。

30代子育て女性のファッションコーディネート

子育て世代でもある30代女性。子供を追いかけるのに綺麗な服なんて着てられない!という本音も確かに!と頷けますが、いつまでもTシャツとジーンズ、デニム、マタニティ体型から逃れられずチュニック…なんてのも考えもの。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。