子供は一重?二重?娘の二重事情

お腹の中に宿って十月十日、大事に大事に育んだ我が子、早く会いたいな~と思いますよね。

二人の子供は男の子かな~女の子かな~、どんなお顔かな~なんて、わくわくしながら待つ時間、元気に産まれて来てくれたらそれでいいけれど、出来ればこんなところはパパに…でもここは私に似て欲しい…なんて想像しますよね。

私自身一人目は男の子、二人目は女の子とを出産したのですが、一人目はパパに似てくりくりお目目の二重。二人目が女の子とわかった瞬間、お目目はまたパパに似て欲しいな~なんて欲張っていました。

そんな娘、息子の時とは違うつわりに悩まされ、またお腹の中で成長する速さも全然違いました。性別が違うから?なんて思いながら、結局出産した時の体重は、息子が41週で2700g、娘が38週で3200g超えという何とも色々違いすぎる兄妹でした。

そんな兄妹ですが、お顔も全然違うのです。到底兄妹に見えるわけもなく、似てる~なんて言われることもありません。

息子はくりくりお目目ですが、娘はちょっとむっちりした奥二重。でも親バカながら兄妹違った可愛さでとっても愛らしい…。

そんな兄妹ですが、娘のお目目は体調などで二重の幅がコロコロかわります。起きたては一重になる時も。そんな娘のお目目事情を赤ちゃんの頃から追っていこうと思います。

この子は一重で生まれたけど、二重になるかしら…二重の時と一重の時があるけどどうなるの?二重の幅は広くなるの?等、女の子なら尚更気になるママも多いかと思います。もちろん可愛い我が子、一重でも二重でも健康ならそんなこと小さな話。でもお顔の変化って赤ちゃんから3歳児くらいまではすごく大きいですよね。こんな経験談もあるよ~と軽い気持ちで読んでいただけたらと思います。

二重は遺伝が大きい

一重、二重は遺伝による…という話はよく聞きます。私自身は父が立派な一重、母が片方二重、片方一重でした(後に両目とも二重に)。その間から生まれた兄は一重、私も幼い頃は一重でした。でも中学生くらいから片方が二重になり、そうなるとバランスが悪いのでもう片方も気になりだし、アイプチをしたら案外すぐに二重になりました。

頑固な一重…というわけではなく、何となく二重になる気配はあったのだと思います。二重は優性遺伝ということで、成長と共にまぶたのお肉が落ちたり、骨格が変わっていった…ということが結果的に二重をつくったのだと思います。

一方パパの方は…義母も義父もアジア的な雰囲気でくっきり二重。3人兄弟皆くっきり二重です…。というわけで、息子のくっきりぱっちり二重もパパの家系から譲り受けたことは歴然です。

息子は生まれた直後は一重!

そんな息子ですが、実は産まれてすぐは一重でした。うっすら二重の線がありましたが、むくみが取れるとぱっちり一重のお猿さんのような感じでした。

それが生後3日目、新生児室に預けていた息子の授乳に向かうと、昨日までぱっちり一重だった息子が突然くりっくりの二重に!

「誰この子…別人やん…」

と思わず出てしまい、生まれつきあった足のあざで我が子で間違いないか確認していた所、「急に二重になったのよ~」と助産師さんが教えてくれました。

そんなことある…?もしや何かの病気か…と初産の私は心配に思いましたが、よくあることよ~と教えてもらい「ほっ」としたことを覚えています。

新しいお顔に慣れるまで大変でしたが、それ以降一重になったりすることもなかったので、息子=ぱっちり二重が定着していきました。

娘は産まれてすぐに二重よりの奥二重

一方、娘は38週の帝王切開で生まれたにも関わらず、3200g超え。ころんころんで生まれてきたのですが、目を開けると奥二重。息子のようなくりくり感はありませんでしたが、産まれてすぐに奥二重もなかなかない…と思いましたが、生後3日には一重に…。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。