ママ友と子連れ公園遊び!持ち物&お役立ちグッズ!

お子さんが産まれてよちよち歩きができるようになると、天気の良い日には公園遊びに出かけたくなりますよね。

初めての公園遊び…つまり公園デビュー。仲の良いママ友さんがいるならまだしも、ママになりたての人は、サークルや産院からの付き合い、またご近所に同い年くらいのお子さんがいないとなかなか「私達ママ友」と互いに言える存在になりにくいかと思います。

そんな私も結婚してご近所に知り合いもおらず、ママ友0からスタートしています。最初はそれでよかったのですが、だんだん子供も他のお子さんと関わりを持ちたがるようになり、幼稚園に入ると結構頻繁に公園遊びをするようになりました。

少人数から大人数まで、また時間も午前中からだったり午後からだったり、その都度園行事などの都合で色々なパターンがありますが、大体いつもこれがあれば便利だとか、こうすると安心して遊べるなどのポイントもわかって来ました。

親が一緒について公園遊びをするのも幼稚園まで…という方も多いと思いますが、小さいお子さんから幼稚園、またそれ以上の子供達を連れて行く際にも役立ちそうな持ち物などについて実体験を元にご紹介していきたいと思います。

ママ友と約束しよう

「公園遊びって面倒くさい…」。よちよち歩きをし始めたお子さんと公園に行くのは「あれ何?」「これは何?」というお子さんの新しい発見を一緒に体験できるのですごく楽しいのですが、ある程度年齢が上がってくると危ないことをしたり、服をドロドロに汚したり、ヒヤヒヤさせられることが多々あります。
また、公園についていかなくてはならないということはその間家事は手をつけられない…公園遊びって面倒くさくなるものです。

まして「一緒に遊ぼ~」なんて言われると重い腰をあげるのも大変…。

でもそんな時、一緒に遊んでくれるお友達がいると、子供が子供同士で遊んでくれている間、ママはママ同士世間話が出来る…というものです。

子供同士の方がお互い刺激的ですし、お互い全力…尊像力も豊かになりますし、お互いを尊重できるような光景が見られると成長も感じられます。もちろん喧嘩もしますしちょっと気まずい雰囲気になってしまうかも…と尻込みしてしまいますが、子供同士のトラブルは遊びの中では“お互い様”。というような同じ価値観を持っていると感じた気の合うママ友さんを誘って公園遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

誘い方

1対1の場合は、親も子供も本当に気心知れたお友達の方が良いかと思います。あまり親しくないお友達だと二人別々で遊んでしまって結局ママ同士もそれ以上お話できなかったり…。

なので、最初は複数のお友達と行くのもありです。男の子、女の子ミックスでも良いですが、なるべく両性で遊ぶ場合は、お子さんの性格にも寄りますが、男女同じくらいの数に声をかける方が良いかと思います。

また、決めておかなければならないことは、場所、時間(午前か午後か)、午前からの場合昼食はどうするのか…等など、昼食などの準備が必要な場合は事前にきちっと決めておきましょう。また、遊び相手のお昼寝、習い事等の時間も聞いておくと、時間も決めやすいですし、集まりやすいかと思います。

持っていくと良いもの(基本編)

たかが公園遊びといっても子供が主役、何が起こるかわからないというのが育児の大変なところ。

上の子からスタートした幼稚園生活、現在は下の子が年長さんで6年目を迎えています。6年も幼稚園に通っていたら公園に行った回数も数知れず…。少人数から大人数まで、数々の公園遊びをしてきました。時には花見、時にはプール、時には動物園なんかも友達と行ってきたのですが、どれも用意は公園遊びの延長…。基本的に絶対持っていくものは大体決まっていきます。そこで、持っていくと良いものの基本編としていくつかご紹介します。

レジャーシート

1人用から2畳用くらまでの大きさのものが大体ですが、大人数ですと忘れてくる方も多いです。親子で座る分には小さいもので構いませんが、荷物を置いたり、時には小さいお子さんが寝てしまうこともあるので、少々大きめのレジャーシートを持っていくと何かと便利です。

ハンドタオル、フェイスタオルは子供の数に応じて

ハンドタオルをお持ちの方は多いと思うのですが、フェイスタオル、これ結構便利です。公園と言えば水遊び(泥んこ遊び、水鉄砲など)も季節が良いとしたがる子供が多いです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。