双子あるあるブログ │ 妊娠後期

6歳長女、3歳次女を抱えて双子を妊娠した、後期から出産までの思い出話です。
双子ママさんには「分かるー!」となってもらえたら嬉しいですし、プレママさんには「なるほどそんなことが…」と今後の参考にしてもらえたら嬉しいです。

妊娠後期28~40週

本来、通常妊娠ですと、予定日は40週0日となります。

しかし双子妊娠は40週まで待ちません。
多くの病院が最初から帝王切開での出産を提示し、そのために正産期に入ってすぐの37週が予定日となります。

私も本来の予定日は2/1でしたが、帝王切開の予定日は1/13でした。

28週の検診で早速手術日を決めて入院予約もしちゃって入院準備の紙もらうときに「念のため今週中くらいには荷物完成させておいてね。」と言われ嘘でしょ…となった覚えがあります。

私はこの手術日の決定までは詳しく知らなかったんですが、大学病院のお医者さんってチーム分けされているんですね。

私は基本月曜日、用があるときは水曜日で受診していたんですが、月曜日のY先生と水曜日のN先生は実はチームが違ったらしくて、どちらで手術受けます?と聞かれてびっくりしました。
正直どっちでも良かったんですけど、その日が水曜日だったのでN先生チームで出産を迎えることになり、予定日は一旦1/15となりました。

そうしましたら後日Y先生から電話がかかってきまして、基本的にはY先生の診察だったので是非Y先生チームで手術がしたいから、N先生に譲ってもらったので手術日が変わります。と。
そんなことあるんだ!と思いつつも了承し、予定日は1/13になりました。

そして1/13まではお腹にいてもらえるよう、後期に入ってますますの努力を強いられます。
とにかくお医者さんに言われるのは「動くな!」。

本来後期ともなれば今度は予定日に出てくるように「動きましょう」と言われるんですが…
遠出もダメですと言われていたので、結婚して初めて年末年始の帰省を取りやめました。

この頃になると気になるのは、何週になったら出て来ちゃっても生きていけるのかという消極的なものばかり。
インターネットで調べて、肺の機能が大体出来上がり、早産になってしまっても大丈夫であろうと言われている32週を個人的な目標にして、検診の度に、もう少しもう少しと指折り日にちが過ぎるのを数えていました。
それでも、順調だよ、年越せるね、と前向きな言葉もY先生からはもらっていたので、実家と義実家との調整は予定日通りのパターンで進めていました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。