父の日ギフト、何にする?選ぶポイントと実際喜んでもらえたプレゼント紹介

母の日が終わってホッとしたのも束の間、次は「父の日」が迫ってきていますね…。

母の日のプレゼントって何かしら自分も女性だし…こんなものがあったら使うよね~というものがわかるのですが、父の日ってすごくわかりづらい…。趣味もそんなに知らないし、どうしたもんだか…。そう感じた方は多いのではないでしょうか。

趣味嗜好がわかっていたら案外選びやすいのですが、そうでなければ迷ってしまいます。そこで父の日に贈るギフト、どんなものがあるかな…と迷った時、こんなことを考えて選んでみたら選択肢がグッと増えて良いというポイントや、実際私が贈って喜んでもらえたギフトについて書いて行きたいと思います。

父の日より母の日

「父の日」より「母の日」の方に重点を置かれている方、多いと思います。結婚してからだと義理の父親へのプレゼントは欠かしませんが、子供の頃はお父さんの仕事って自営業じゃなければなかなか目に触れることもありません。自分が寝てから帰宅して、起きる前に仕事に行く…というような、まさにすれ違い生活でした。

となると、やはり毎日一緒に過ごし、身の回りのことをしてくれた母親の存在って大きい。結婚して自分が母親になると尚更、母親って偉大…と感じることも多いかと思います。

幼稚園でも、「母の日」の前には子供達が毎年色々製作して帰ってきます。壁掛けやティッシュカバー等に絵を添えてくれたり、カーネーションを手作りしてくれたり…。

ですが、「父の日」にその製作がないんです…。なぜかな…と思ってお友達に聞いてみると、あくまで推測ですが、

※単身赴任で遠くにいる場合がある
※離婚や別居、訳があってシングルマザーなど、家庭の事情で父親が一緒に暮らせない場合もある

等など、家庭の事情で子供が悲しい思いをしないようになのか、「母の日」以外はあまり重視されていません。あくまで推測ですが、世間的にやはり「母の日」のほうがやや重視されている感はあります。

結婚してから始めました

私自身「母の日」も「父の日」も、自分のお金で何かをプレゼントするという行為を始めたのは実は結婚してからです。

というのも、何故かお金を稼ぐようになってからも「いらない」とずっと言われてきました。何故かよくわかりませんでしたが、その考えは、今の私にも受け継がれ、子供たちから幼稚園の製作以外プレゼントをもらったことがありません。

ですが、結婚してからは「義理の母」「実の母」両方にするようになりました。「義理の母」にはハンカチや帽子、トラベルセット等、毎年必要になりそうなものをプレゼントし、「実の母」にはケーキなど、子供たちも一緒に食べられるものを買って、両家とも手渡ししています。

結婚して自分が親になってから、母親にしてもらってきたことが「当たり前のようで本当に大変だったこと」ということがよくわかったというのが一番大きかったのだと思います。それが本当にわかった時に、初めて何かプレゼントしたら良いことだと思いますし、まだ小さい我が子を見ていると、純粋に自分の面倒は母親がして当たり前なことだと思っていて、まだまだそう思っているうちが幸せなことだな~と思いました。

なので、「母の日」のプレゼントを自分たちの意思でくれたとき、その時が子供達がちょっと大人になったということなんだろうなと勝手に思っています。

父の日のプレゼント、どう決める?

さて、いよいよ近づいてきた本題の「父の日」。プレゼントを渡すのって簡単なようで難しい…。母の日には迷った時のお助けアイテムとして「カーネーション」がありますが、父の日に「花束」はちょっと貰った方も困ってしまいます…。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。