「それはオレの魚だ!」ボードゲームでもアプリでもできるゲーム

オレの魚? 一体どういうこと?
今回ご紹介するのは、「それはオレの魚だ!」、そんな名前のボードゲームです。

原版は「Hey, That’s My Fish!」というアメリカのゲームで、その完全日本語版です。
まずゲーム名から勢いあり、魚を獲られたくない!という気持ちがよく伝わってきますし、「ヘイ!」と呼びかける原版のタイトルも雰囲気があってそれがまたいいんですよね。

この「それはオレの魚だ!」、どんなゲームかを一言で説明すると、「ペンギンが魚を獲り合うゲーム」です。ルールもたいして難しくありません。

「ペンギン」といえば、なんとなく可愛らしい見た目をイメージしますが、このペンギンさんはいかにもアメリカな感じのイラストの濃さ。よく言えばワイルド、そうでなければ悪そうな見た目です。ぶっちゃけて言ってしまうと、可愛くない。

ゲームの箱の表のペンギンなんて、いかにもごうつくばりな感じのペンギンがドヤ顔で魚を抱えており、とにかく魚を大量に獲れたらいい、というのがよくわかります。後ろのペンギンは、「オレの魚を返せー!?」ってとこでしょうか。

旦那はこの箱が気に入ってジャケ買い(?)したそうです。値段もお手頃なので、勢いで買っちゃったみたいですね。

実際のゲームもそのとおりで、いかに他の人に獲らせずに自分がたくさん獲るか、常に最適行動を考えながら進めていくゲームです。

お手軽にできるしルールは簡単だけれど、他のプレイヤーの先の行動を読んでそれを阻止するように、なおかつ自分が勝てるように動かなければならず、遊んでみるととても奥の深いゲームであることがわかります。

とにかく魚を獲りまくれ! 「それはオレの魚だ!」の遊び方

ゲーム背景としては、夏の氷が溶けかかった季節。溶け残っている氷の上でぴちぴちはねている魚を狙ったペンギンたちの壮絶なバトルがはじまります!

そういった事情により、ゲームの舞台は海の上。ゲームパーツとしては、1~3匹の魚が描かれた六角形の浮いた氷のタイル――浮氷タイルが計60枚(氷の上の魚が1匹だけ描かれているのが30枚、魚が2匹描かれているのが20枚、魚が3匹描かれているのが10枚)と、赤・青・黄・緑のペンギンのコマ――それぞれ各4個ずつの計16個を使います。

遊べる人数は2~4人。浮氷タイルは常に60枚すべてを使いますが、ペンギンのコマは各プレイヤーが担当の色を決め、2人対戦のときは2人のプレイヤーが選んだそれぞれの色のコマ4個全部を、3人対戦のときは3人が選んだ3色のコマを各3個ずつを、4人対戦のときは各色2個ずつを使用します。

では、遊び方を説明します。

1.60枚の浮氷タイルを使い、狩場を作ります。タイルをよく混ぜて写真のとおり、「タテ8列×一番下の列が8枚」になるように並べます。

2.ペンギンの色を選び、ペンギンのコマを1匹ずつ順番にタイルの上に並べます。置く場所は必ず「魚1匹のタイル」の上で、1つのタイルに1匹のペンギンしか置けません。ペンギンのコマをすべて並べ終わったらスタートです。一応ルールには最年少のプレイヤーから手番を行うように書かれていますが、じゃんけんで順番を決めちゃってもいいと思います。

3.ペンギンのコマを動かします。手番で動かせるのは1つのコマだけです。浮氷タイルの直線(左右と斜め方向)であれば、どこにでも動かせます。ただし、他のペンギンがいないコマに限ります。

4.コマを動かしたら、それまでコマを置いていた浮氷のタイルがもらえます。もらったタイルに描かれた魚の数が手番プレイヤーの獲得数になり、次のプレイヤーに手番が移ります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。