新潟の女児連れ去り殺害事件はなぜ起きた?|不審者に遭遇体験

新潟市で大変痛ましい事件が起きました。7歳の女の子が連れ去られ、殺され、線路に遺棄されるというひどすぎる事件。

ニュースで知ったとき、被害にあった女児がどれだけ怖い思いをしたか、そしてご家族がどれほど憤り、悲しんでいるかと考えると涙が出ました。犯人が早急に捕まり、裁かれることを願ってやみません。

今回の事件で「女児は友達に、不審者に追いかけられたことを話していた」という報道をたびたび目にしました。この報道を見て「どうして大人に言わなかったんだ?」と言うひとも少なくないでしょう。でも、子供ってなかなか言えないんですよね。

私自身、小学生のころ、不審者に「見せられた」経験と「さわられた」経験があります。でも、どっちも大人に言えませんでした。思い出すだけでぞっとする、昔の話をちょっとしてみたいと思います。

不審者に誘われ「見せられた」経験

小学3年生の初夏。半袖とキュロットスカートで公園にいたときの話です。

普段は友達と遊ぶ公園ですが、その日は約束をせず行ったため、公園にいたのは私ひとり。正午ごろで、昼食の時間帯だったからか、公園には大人も子供もだれもいませんでした。

待っていればだれか来るかと、しばらくブランコで遊んでいたところ、見知らぬ男性に声をかけられました。小学生だった私が「お兄ちゃん」と認識した年齢だったので、おそらく二十代、もしかしたら十代後半だったかもしれません。

全然知らない男性でしたが「ひとりで遊んでるの?」と聞かれて、聞かれたことに答えないのは失礼かと思い「うん」と答えてしまいました。

遊んでいた公園は自宅から徒歩3分のところ。まわりは住宅で、近くに大きなスーパーもあるため通行人も多く、車も頻繁に通っているところです。

そんなところですから、とくにそれまでも不審者情報などはなく…。一応「知らないひとについて行ってはいけない」など教えられていましたが、よもやまさか白昼堂々、人目のある公園で、なにかされると思ってもみなかったのです。

その男性は「面白いもの見せてあげる」と、私を誘いました。誘われたのは、公園のなかにある、木に覆われた茂みです。覆われたといっても、ちょっと覗けば中の様子はすぐに見える場所だったので「面白い虫でもいるのかな?」程度で、私はほいほいついていってしまいました…。

そして茂みで見せられたのは、男性の性器。

「すごいでしょ」と言われたのがやけに耳に残り、いまでも覚えています。当時、性的な知識がなかった私にとって、父親とお風呂に入るときしか見ることのなかった大人の性器。しかもMax状態のそれに、純粋に「すごい」と思ってしまいました。

男性は、私が逃げないのを確認したように自慰行為にふけっていました。とくに私になにかするわけでもなく、逃げようと思えばすぐに逃げられる状況だったのですが、「逃げたら追いかけられるかも」「こんなことを見てしまって、捕まったら殺されるかも」という思いから私は逃げられずにいました。

そうこうしているうちに男性は行為を完遂させ、満足したのか私に「じゃあね、ありがとう」と言い残し去っていきました。

その後私は、走って家に帰りましたが、男性のことを家族に言うことはできませんでした。

性的行為について何も知らなかったとはいえ、それを初対面の相手に見せることは異常であることは察していました。

でもそれをどう説明していいのかわからない…、説明する過程で出さなければいけない男性器の名称が恥ずかしくて口にできない、言ってしまえば「なにかされたのか?」など、私まで悪いことをしたかのように責められそう…そんな思いから、起きたことを親に報告することができなかったのです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。