30代りぼん世代に人気の漫画が再燃!「ママレード・ボーイ」実写化

アラサーで「りぼん」世代だった私。

「りぼん」とは、男の子の「ジャンプ」に匹敵するような連載漫画雑誌です。この手の類の雑誌は数も多いのですが、女の子なら「ちゃお」「マーガレット」「なかよし」「花とゆめ」なんかもよ本屋で見かけます。

そんな連載漫画雑誌ですが、それなりに対象年齢も設定されているようですし、高校生の恋愛漫画なら小学生高学年からそれこそ高校生までも楽しめます。そして今なら携帯で読み返し可能な漫画アプリだって存在します。店頭で買うのが恥ずかしい…と思っても携帯でサクサク読めるありがたい時代です。

さて、そんな「りぼん」をよんで成長した私。その中でも「ママレード・ボーイ」は、どの女の子も胸がキュンとした作品ではなかったでしょうか。

今回、そんな「ママレード・ボーイ」が、実写化されて帰ってきました。


4月27日公開で、実はまだ観ていないのですが、近々友人と観に行く予定です。ちょっとアラサーで少女漫画の実写化を観に行くなんて恥ずかしい…とか、やっぱりあのイメージを崩したくないから実写化は観たくない…と思う方も多いと思いますが、そんな「ママレード・ボーイ」の魅力と、また漫画家「吉住渉」さんの他の作品についても書いていきたいと思います。

「ママレード・ボーイ」の連載期間は?

吉住渉さんによる「ママレード・ボーイ」、その気になる連載期間は、1992年5月号から1996年の10月号ということで約4年半。単行本はりぼんマスコットコミックスより全8巻、完全版が全6巻だそうです。
また、1994年から1995年にかけてテレビアニメ化されています。

ということは、「りぼん」で連載がスタートした時点で、私は10歳。というわけで、まさにこの手の恋愛ストーリーにどストライクな年齢だったことがわかります。丁度好きな子が出来たり、噂話が好きだったり…。そんな多感になる時期です。テレビアニメは日曜の朝に放映。というわけで家族で観るには恥ずかしく、こっそりリビングから抜け出して2階のテレビでドキドキしながら観た記憶も鮮明に残っています。

気になるあらすじは?

「ママレード・ボーイ」のあらすじは、主に主人公である光希と遊との恋愛物語ですが、その恋の話の始まりが非常に突飛。光希の父と遊の母、遊の父と光希の母が、旅先で互に恋に落ち、交換結婚することになり2家族が同居するところから話が始まるのです。

そこからすでにおかしいのですが、山あり谷ありで恋愛が成就した光希と遊。しかし二人の両親たちが実は大学時代からの知り合いで、もともと交換結婚してからのカップル同士が交際していたという事実をひょんなことから知ってしまう遊。しかもその事実は二人には知らされておらず、遊はその時に出来た子供なのではという疑念を抱き、実は光希と異母兄妹なのでは…と二人の未来に影を落とす…というストーリー。結局それは誤解ということで二人の恋愛は続行可能となってめでたしめでたし…なのですが、異母兄妹と知るまでにいたる恋愛ストーリーはとてもドキドキし(二人の男の子の間で揺れる光希も見所)、さらに二人が恋人同士になってからのストーリーも可愛らしく(両親には秘密の恋なのも刺激的)、小中学生の間では楽しみにしている子達も多かったと思います。

実写化のキャスト

さて、そんな「ママレード・ボーイ」。実写化と聞いて私は嬉しい思いになりました。というのも、あの光希と遊を誰が演じるの~?という方に興味津々。実写化って結構キャストが重要なんですよね。自分のイメージを崩されたくない…という気持ちが大きいのです。

というわけで、今回「ママレード・ボーイ」実写化のキャストがこちら

小石川 光希…桜井 日奈子
松浦 遊  …吉沢 亮
小石川 仁(光希の父)…筒井 道隆
小石川 留美…檀 れい
松浦 要士…谷原 章介
松浦 千弥子…中山 美穂

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。