大河ドラマ「西郷どん」 │ 第十七回「西郷入水」

先週、亡き薩摩藩主・島津斉彬の幻を見て、自死を考えていた姿勢から前向きに生きて行く姿勢となった主人公・吉之助(西郷吉之助)ですが今週のタイトルはまた自死を匂わせるもの。
どのような展開でそうなるのか、第十七回の放送の感想です。

篤姫の立場

江戸幕府第13代将軍・徳川家定に輿入れしていた薩摩藩出身の篤姫は、家定を亡くし落飾し天璋院と名乗ることになりました。

薩摩藩や水戸藩といったいわゆる篤姫側が推挙していた一橋慶喜(後の徳川慶喜)ではなく、敵対する、大老・井伊直弼の推挙する徳川慶福が家茂と名を改めて第14代将軍に就き、天璋院の養子となりましたが、家茂は天璋院と親しくするつもりはないようです。
どうやら井伊直弼が何かと幼い家茂に吹き込んでいる模様。

自分が推挙した人物では無い方が立ち、挙句目の敵にされ、天璋院の立場は非常に苦しいものとなりました。
そこで幾島は、天璋院に薩摩へ戻ることを打診します。

しかし天璋院は、自分の家はもう徳川であるとその提案を断ります。天璋院はこの後も何度か薩摩へ戻るよう薩摩藩からも促されますが、戻ることはありませんでした。すごく昔気質の女性ですね…。

その考えを褒め称え、幾島は自らは大奥から退く決意を述べます。
そうすれば将軍継嗣問題における責任は全て去って行く幾島のせいということになり、天璋院への風当たりはマシになるという考えでした。

天璋院は止めますが幾島は去って行きます。閉められた襖越しに、二人は深く頭を下げ合いました。
厳しい言動の中に幾島は常に天璋院のことを想ってくれていて、別れまで天璋院のためとは、幾島は天璋院のことをあっぱれと言っていましたが幾島の忠誠心こそあっぱれではないでしょうか。

吉之助は薩摩へ

一方、幕府から追われている吉之助と月照は、命からがら薩摩の実家へたどり着きます。

なぜ二人が追われているかと言いますと、安政の大獄で井伊直弼による反幕府派の活動家たちが一斉に粛正されているわけですね。
先週は、それまで行動を共にしてきた橋本左内も捕縛されておりました。
そういえば今週左内出て来てないですけどどうなったのでしょう…いえ史実上のことは分かっているのですが、もう来週は奄美大島に舞台が移ってしまうのに、まさかこのままスルー?

月照は朝廷をそそのかして将軍継嗣問題に関わったため、吉之助は斉彬の命令とは言え同じくその活動に加わっていたため、粛正のターゲットになっているわけです。
実家に匿った月照の身の安全を薩摩藩に注進しようとした吉之助を、隣家の大久保正助(後の大久保利通)が制止します。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。