トラピックスバスツアーにママ友と参戦!丹波篠山へ!

GWも終盤、そろそろ子供達やご主人への奉仕にお疲れのお母さんも多いということで、ちょっとご褒美と称して、子供をご主人に見てもらい、主婦6人でバスツアーに出かけました!

 

そもそもバスツアー自体初めてだったのですが、行程が決められていて名所をめぐり各地の名産品を堪能…というのが一連の流れというのはご周知かと思います。

そんなバスツアー、色々な旅行会社が手を変え品を変え催行されていますが、今回トラピックスを利用してみてその費用、内容、ガイドさんについて、感想をレポートしていきたいと思います。

白毫寺、永沢寺、てんこ盛り3キロお持ち帰り丹波日帰りツアー

丹波と言えば兵庫県も北の方。丹波と聞いてピンとくるのは、兵庫県民なら「丹波の黒豆」ではないでしょうか。

何故兵庫県民なのに兵庫県に?と思われるかもしれませんが、やっぱり子持ちの主婦、日帰りでも遠出はなかなか慎重になります。しかもバスツアーが初めての友達もいたので、まずは近場から…ということに。

しかも嬉しいのはお土産が付いてくるという点。そんなツアーは他にもたくさんあると思うのですが、3キロってけっこうな量ですよね。そしてみんな予算が1万円と決めていたので、こちらのツアーは8990円!ということで満了一致で決定したのでした。

持ち物が少なくて済むのが日帰りバスツアーの良いところ!

自分たちでツアーを組むとなると、日帰りでも何がいるかわからないので現金を多く持ち歩いたり、移動も自分荷物を全部持って行動しなくてはなりません。

そうなると写真を撮るのもいちいちカメラを起動させるのが面倒だったり、早々にお土産を買ってしまうと重くて仕方ありません。

でもバスツアーなら不要な荷物はバスに置いていけますし、身軽に行動できます。そして観光時間も決まっているので余計な動きをしなくて済みます。言わば美味しいとこどりができるというのがバスツアーの良い所です。

持って行った方が良いもの

折りたたみ傘

バスツアーとはいえ気になるのはやはり天候。おそらく車内に人数分の傘などは用意されているのでしょうが、山の方は天気が変わりやすいというもの。

今回のバスツアーでも、移動中にいきなりの暴風雨!予報では晴れ時々曇りという傘マーク0だったので、油断している方も多かったと思います。

ですが、友人のアドバイスもあり、折りたたみ傘を忍ばせていたので、もし止んでなくてもなんとか観光できるかな…という安心感がありました。

エチケット袋

今回のバスツアー、なぜかエチケット袋がありませんでした。
大概のバスにはエチケット袋が備え付けられていると思うのですが、今回はなぜかなく、

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。