冷蔵庫が寿命!買い替える時の注意やポイント!

結婚10年、今年はスイート10と楽しみにしていたのですが、何と家族の食を支える家電である「冷蔵庫」が故障!入籍記念日に冷蔵庫を購入することになった我が家…。大体白物家電の寿命は10年と聞きますが、本当に10年で買い替え時がくるなんて…。

今回結婚して初めて「冷蔵庫」を買い替えるという主婦にとっては一大イベント。しかも出費も大問題!というわけで、「冷蔵庫」を買い替えるにあたってその理由や新しい冷蔵庫の下見、決めて、また配送時の注意について書いていきたいと思います。

冷蔵庫買い替えの理由

白物家電で一番お金がかかるのは「冷蔵庫」「洗濯機」「テレビ」が思いつきます。中でも死活問題でもある「冷蔵庫」や「洗濯機」は故障した時点で悪夢の始まり。出来たら不具合が出て使えなくなる前に新しいものに買い替えたいというのが正直なところ。
今回我が家が「冷蔵庫」を買い替えるきっかけになった理由は、

冷蔵庫の左前足から出てくる「水漏れ」です。

「水漏れ」と聞くと、下の階への影響なども考えてしまいますが、大量の水漏れをするわけではなく、じわじわ~と冷蔵庫の足の部分から水漏れが生じ、布巾で抑えたら時間と共に水が引いてくる…といった感じ。(上の画像のオレンジの部分が主に水漏れをしていた箇所です。)

なので気づけばすぐに拭き取れば良いくらいの量だったのですが、冷蔵庫の右側の空いたスペースにおいていた袋をどけてみると…

「水漏れ」が原因でフローリングが一部腐っていました…。

いつから水漏れが起きていたのかは不明ですが、とにかく前足部分から出てくる
「水」は普通ではないと思い、早速家電量販店に足を運ぶことにしました。

家電量販店に行く前に

さて、家電量販店に行く前に気をつけることは、前の冷蔵庫のサイズを測っていくこと。幅、高さ、そして忘れがちな奥行。私はメジャーを使って測ったのですが、60×180×60サイズでした。

でも実際家電量販店にいってそのサイズを探しても家族サイズのものは見当たらない!というのも、冷蔵庫の後ろは、少しだけ出っ張っているので、そのサイズ込みでないと正確な奥行とは言えないそうです。

冷蔵庫も進化しているので、後ろの出っ張りも少々スリムになっていますが、それでも64センチくらいでしょうか…。

そんな正確なサイズを知りたいという方は、冷蔵庫の内側に貼られている製品シールを確認しましょう。(下の画像は新しい冷蔵庫バージョンです。)

大体扉の目立たない部分に貼っていると思いますが、そこに型番やサイズ、電力量などその他の情報も載っています。家電量販店に出向く際は、今現在の冷蔵庫の製造会社、型番、サイズ、電力量がわかれば次の製品を選ぶ際の比較にもなるのでメモしていきましょう。

エディオン西宮店にて冷蔵庫偵察

我が家に一番近い家電量販店はエディオン西宮店なので、エディオン西宮店にて冷蔵庫の偵察。結婚してからずっと使ってきた冷蔵庫は10年前の製品なので、やはりそれなりに冷蔵庫も進化しています。」

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。