新学期あるある、子供の「自家中毒」経験談

新学期を迎え、大人も子供も緊張の4月。大人はこれまでの経験からの慣れ、また自分なりのリラックス方法を試してみたり、居心地の良い場所を知っていたり、回避法もそれなりにわかっていたりするものです。また、身体も成熟しているので、ある程度のストレスの耐えることが出来ます。

しかし、小さな子供はその心のストレスに気づきにくく、身体も未熟なため、前触れもなく新学期すぐに体調を崩すということが多いそうです。

我が家の長男も、いい加減なわりに真面目なところもあり、また私の血を引いてかなり神経質なため、3歳手前から数度「自家中毒」になっています。

「自家中毒」って?と思われる方も多いと思いますが、特に何か悪いものを食べた食中毒というものではありません。

自分自身の身体で消化出来ない心のストレスが特徴的な症状として身体に出ることで、主な症状としては「嘔吐」「下痢」「発熱」「頭痛」「倦怠感」等を伴うそうです。

今回、我が家が直面している「自家中毒」の経験談等を交えて、色々な対策、原因、周囲ができる事について書いて行きたいと思います。

自家中毒とは…

「自家中毒」と聞いても首をかしげる方も多くいらっしゃると思いますので、検索してみたところ、

1、 体内で代謝に異常が生じ、生成された毒物により障害が起こること、尿毒症など。
2、 小児にみられるリンゴのような匂いの吐物が特徴の病気。体内で脂肪が代謝されるときに生じるアセトン体が血液中に増えたために起こる周期性嘔吐症。アセトン血嘔吐症。

という検索結果でした。
より分かりやすく伝えるために、日本では上記のような症状を「自家中毒」と読んでいるようです。

主な症状は上でいくつか挙げましたが、代表的なものとしては突然繰り返す嘔吐です。共に倦怠感や腹痛、下痢、頭痛、等も起こる場合もあります。

発症のきっかけも子供によって違いますが、ストレスや風邪、身体が受け付けない食べ物の摂取、緊張、興奮等に身体が過敏に反応することで起こります。

緊張しがちな子、心配性な子、やせ型で神経質な小児がなりやすいと言われているようです。

「自家中毒」は、年齢が上がると自然と収まる病気で、成長の過程でまだまだ未発達なお子さんがなりやすいものです。この時期だけ…と考えて、気長に付き合うことが必要なようです。

長男は3歳手前で発症

そんな「自家中毒」ですが、うちの長男も3歳手前で発症しました。

きっかけは「引越し」

長男が発症したのは3歳手前でしたが、なぜ発症したか…と考えたときに思い当たったのが、発症する1ヶ月前の「引越し」です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。