西宮でキッズ体操を探すなら、「Candy」がおすすめ!

体操教室と言えば、市が運営しているものからスポーツクラブが運営しているもの、また個人経営されているものなどがありますが、その教室の方針などもそれぞれ違うかと思います。

お子さんが1歳くらいになってよちよち歩きができるようになると、リトミックやリズム体操、ベビースイミングなど、身体を動かすような習い事に興味を持たれる方が多くなると思います。

その目的は「お友達を作りたい」「身体を鍛えてあげたい」「集団に慣れさせたい」…等など、ご家庭によって違うかと思いますが、何より親子で楽しく通いたい…というのはどのご家庭でも共通かと思います。

我が家の娘も昨年から「Candy」という可愛らしいネーミングの体操教室に通い始めました。最初は「教室の先生が以前お世話になった先生で大好きだから…」という理由から通い始めたのですが、途中挫折もありながら現在も楽しく通っています。

そんな体操教室「Candy」ですが、ちょっと普通の体操教室とは違うのです。何が違うかと言うと、とにかく「飽きない」盛りだくさんの内容。体操だけじゃなく、ビジョントレーニングや読み聞かせ、おやつタイムなど、ちょっとした幼稚園の延長のような感じ。

今回はそんなちょっと変わった体操教室「Candy」をご紹介していきたいと思います。

「Candy」開催場所

「Candy」は、夙川クラス(西安寺)、西宮北口クラス(法心寺ホール)、甲子園クラス(上甲子園公民館)があります。また、子供だけでなく、親子体操もあり、そちらも夙川クラス(安井市民館)、西宮北口クラス(法心寺ホール)、甲子園クラス(上甲子園公民館)があります。

幼稚園児は大体幼稚園が終わった時間から約1時間半のレッスン(14時半~16時)となり、最初のうちは少し体力的に疲れるところもあるかと思いますが、とにかくずっと身体を動かしている…というわけではないので、メリハリのあるレッスンとなっています。

講師は元幼稚園の先生がお二人

体操教室って、やっぱり体操が得意な先生がやっているイメージがありますよね。跳び箱とか、鉄棒とか、器械体操とか…もちろんそんな体操も小さい頃からのバランス感覚等で大切かと思いますが、こちらの「Candy」では、元幼稚園の先生であり「Candy」の代表でもある「大森早苗」先生が、面白くて「えっ!」と思うような方法で、子供の体幹を鍛えたり、日常に必要な身体の動きを楽しく訓練してくれます。

「大森早苗」先生と共に「Candy」を支えるもう一人の講師も元幼稚園の先生ということで、子供の小さな心の変化もすぐに気づいてくれますし、子供の注意をひいたり、そらしたり…というバランスも絶妙!この無敵なお二人の講師のきめ細やかな指導が人気の理由でもあります。

充実したレッスン内容

実はこちらの「Candy」キッズクラス、親は基本見学できません(事情がある場合はOK)。「子供がしっかり集中できるように」というのが主な理由ですが、とにかく教室中を走り回るので、親の居場所もないくらいです。

なので、お迎え時に先生から今日のレッスン内容について振り返りのお話が約5分あり、そこで今日のレッスン内容やおやつの内容等を教えてもらいます。

レッスン内容の一部を例としてあげると

※準備体操
※ブリッジ
※スリッパリレー
※ボールあて
※サーキット
※ビジョントレーニング
※長縄
※フラッシュカード
※読み聞かせ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。