「メルちゃんの大きなおうち」愛用してみた感想

女の子をお持ちのママなら「メルちゃん」「ポポちゃん」が誕生日やクリスマスプレゼントなどで王道でしょうか。必ず通る道…とまでは行きませんが、大抵の女の子なら、「お世話」がしたくなる時期がやってきて、それに伴い何かしらお人形を購入することが多いと思います。

俗に言う「小さなお母さん」。つまり母性が目覚めるわけですが、我が家のもうじき6歳になる女の子も、2歳くらいからメルちゃんを抱っこし始めました。

メルちゃんといえば「抱っこひも」「ベビーカー」「離乳食」といった玩具が共に発売されていますが、ちょっと大きくて躊躇するのが「メルちゃんの大きなおうち」ではないでしょうか。

我が家、この「メルちゃんの大きなおうち」を購入するのに全く躊躇はありませんでした。家が広いとか、私の心が広いから…というわけでもなく、家も狭いですし散らかるの大嫌いな私がGOサインを出しました。

大きな理由は後ほど書きたいと思いますが、とにかく「メルちゃんの大きなおうち」はおままごとが大好きなお子さんにはハマること間違いなしです。

そんな「メルちゃんの大きなおうち」、まもなく6歳の娘、2~3歳頃の誕生日に購入してまだまだ愛用中!でも「メルちゃんの大きなおうち」って一体いくつまで楽しく遊べるの?せっかくなら長く遊んで欲しいという方の参考にしていただくためにも、実際娘に遊んでもらいながらそのサイズ感や中の様子をレポートしていきたいと思います。

「メルちゃんの大きなおうち」とは

昔から長く愛されている「メルちゃん」。可愛いですよね。実は我が家2体の「メルちゃん」がいます。

かなり年季が入っているのですが、娘にとっては可愛い可愛いメルちゃん。娘が3歳の頃は、毎日2体カバンにつっこんで外出していました…。ショートカットのメルちゃんはかなり昔の物らしいのですが、職場の方のお子さんが使っていたものだそうです。時代によって若干の違いがあると思いますが、独特な「外国人風」なお顔立ちが可愛らしいお人形です。

「メルちゃんの大きなおうち」は、そんなメルちゃんをお世話するお子さんが楽しく疑似体験するのに一役買ってくれます。発売時期によって多少のデザイン等の変化はあるかと思いますが、娘が2~3歳頃に購入した「メルちゃんの大きなおうち」は、中に玩具はついていませんが、イラストの形で色々な家電や家具が描かれています。もちろんこれで物足りないというお子さんは、中に自前の家具を入れても多少狭くなりますが使えます。中の様子は後ほど紹介するとして、さっそく「メルちゃんのおうち」を組み立てて行きたいと思います。

屋根、本体、ドアの三パーツ

本体を広げます

本体を広げると、バランス良く直立するように形を整えます。

屋根を取り付けます

屋根は四隅をひもでくくります。

ドアを取り付けて完成

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。