NHK「ガッテン!」|脳梗塞・寝たきり予防SPのネタバレ

突然ですが、『脳梗塞』の心配をしたことはありますか?

私は、つい最近、その心配をするようになったキッカケがありました。最近は、常日頃の睡眠不足や年齢からくるのであろう体の不調が多いのですが、その不調の中でも特に、「指先が痺れる」というような症状が表れたのが、とても気になっているんです。

「手の痺れ」って、『脳梗塞』の典型的な症状じゃないかと思うんですよね。痺れた方と逆側の脳に異常がある、という話を聞いたことはありませんか?

そんなわけで、最近たまに起こる「手先の痺れ」が気になるなと思いながらも、そもそも、この症状がお医者さんを受診するようなレベルの症状なのか、とか、もし受診するなら何科を受診するべきなのか、とか、そのあたりを考えだすと、なかなかお医者さんに行く一歩を踏み出せずにいたわけです。

たまたま、そのときかかっていた整形外科でチラッと手の痺れについて話してみたのですが、出産前後ではよくあることだと言われました。ただ、出産したのは1年半近く前。それを聞いて楽観視するには、ちょっと出産から時間が経ちすぎている気もします。

しかし、幼稚園にもまだ入っていないような幼児がいる家庭にとっては、子どもを連れての病院は敷居が高いんですよね。

預け先があるならともかく、熱や鼻水などの特に目に見えるような明らかな症状が出ていない限りはあまり緊急性を感じませんし、子ども連れで病院に行ったときの、診察に呼ばれるまでの待合室で時間をつぶさなければならないということを考えただけで、病院なんて無理!となってしまいます。

そして、確定でないもののために、結構な時間やお金を費やさなければならないというのは、育児中の専業主婦の身ではツライというのが正直なところです。

そうして、病院にかかるかをためらっているときに、たまたまNHKの「ガッテン!」で『脳梗塞・寝たきり予防SP』をやるというタイムリーさ。思わず、録画をしてしまいました。

しかし、録画を見たかぎりでは、「この症状は『脳梗塞』に違いない!」と確信できるほどの濃い内容ではなかったのですが、それでも病院へ行くことを考えるキッカケにはなるのではないかというようなものでした。

今回は、そんな「ガッテン!」で話していた内容について、備忘録的な意味合いも兼ねて、少しまとめてみようと思います。

重度の『脳梗塞』の原因

まず『脳梗塞』が、脳の血管が詰まる病気なのはご存知のことと思います。脳に血液がいかなくなり、脳がダメージを受けるんですね。

この『脳梗塞』には、軽度なタイプの脳梗塞から重度なタイプの脳梗塞まであり、軽度~中程度の脳梗塞であれば1年後の生存率は80%なのに対し、重度のものになると、その生存率は50%まで下がってしまうんです。

そして「軽度」となる『脳梗塞』と「重度」となる『脳梗塞』では、そのメカニズム自体が違うそうなんです。「軽度」なものの症状が重くなって「重度」の『脳梗塞』となるわけではないんだそうです。

「軽度の脳梗塞」では、2~6ミリの血栓(血の塊)が詰まります。

番組では実物サイズの模型が用意されていましたが、てんとう虫サイズだと言われるような血栓の大きさでした。しかし、これが「重度の脳梗塞」になると、直径3センチほどの大きな血栓ができてしまうんです。イチゴやでかめの梅干しほどのサイズの血栓です。到底、人の体の血管内にできるサイズとは思えません。

重症タイプの『脳梗塞』は、「心房細動」(心臓の震え)が引き起こされ、そのときに巨大な血栓が作られたことで起こります。

左心房でできた血栓は左心室を通り、そこから大動脈に入り、脳へと向かう血管へ入り込んでしまいます。3センチもある大きい血栓がどうやって?と思いますが、そのときの血栓は柔らかく、血管を通れる細長い形となって移動します。そして、脳の上流部分に詰まり、脳の広範囲にダメージを与えてしまうんです。

さらに、「心房細動」は『脳梗塞』だけではなく、「認知症」との関連性も報告されはじめているとのこと。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。