「すくすく子育て」より~子どもの英語教育は必要?

子育て中の皆さんのおうちでは、英語教育は何かされているのでしょうか?

わが家には、4歳と1歳の2人の娘がいますが、どちらもまだ何もやっていません。

1歳の下の子はともかく、お姉ちゃんの方はそろそろ習い事に通えるくらいの集中力はできていると思いますし、頭も柔軟な今であれば、英語を習ったら吸収力もいいのではないのかと思っていました。

そして、英語教室に通わせるか、手っ取り早く「こどもちゃれんじEnglish」を始めるかの2択で迷っていたとき、たまたまNHKのEテレ「すくすく子育て」で「気になる!子どもの英語教育」という内容が放送されました。

あまりに話題がタイムリーすぎてちょっとビックリしたのですが、とても参考になりましたので、もし今、小さいお子さんに英語教育を考えていらっしゃる方がいれば、参考になるのではないかと思い、その内容を少しご紹介してみようと思います。

わが家の英語教育に対する考え方

まず、わが家の話になりますが、子どもに英語を習わせるべきかどうか、ずっと悩んでいました。

お姉ちゃんは今、幼稚園の年少さん。私自身が英語を苦手としていたもので、小学校から英語の授業が取り入れられている今、小学校にあがるまでに少しでも英語に慣れさせてあげる方がいいんじゃないか?と思っていたんです。

そして、お姉ちゃん自身も英語には多少の興味を持っていたようで、習ってみたい!とその気になっていましたし、お父さんも、今の時点で習っても、そんなに身に着くわけではないだろうけど、「習いごとに行く」ということに慣らしてあげたい、という意見で、わが家の中ではかなり習わせる方向で話が進んでいました。

しかし、そこで、1歳の下の子に「こどもちゃれんじEnglish」の案内が来て、それを見てまた悩むわけです。「教室にまで通わせなくても、これでもいいんじゃない…?」

1歳用ですが、もし申し込めば、きっと上の子も興味をもって一緒にDVDを見るでしょうし、妹のおもちゃを奪ってでも率先して遊ぶだろうことは想像に難くありません。そうすると、その遊びの中で、自然に身に着くのではないか?

今から英語がたくさん話せるようになってほしいとまでは思っていないので、取っ掛かりとしてはこれで十分なんじゃない?と思ったわけです。

「こどもちゃれんじEnglish」自体は大した勉強にはならないだろうと思っているお父さんも、これまで下の子にはお姉ちゃんのお下がりばかりで、新しいおもちゃをほとんど買ってあげていなかったし、おもちゃを買い与えるつもりでやってみてもいいんじゃないか、という意見でした。

そのため、かなり「こどもちゃれんじEnglish」を始める気になっていました。しかし、今回「すくすく子育て」を見たことで、その考えが180度変わることとなりました。

早くからの英語教育は必要?

Q.子育て広場の無料英語教室に通っていますが、子どもはまだ11ヶ月でおしゃべりもできません。英語の歌でご機嫌になるときもあれば、飽きて興味が他へ移ってしまうこともあります。

英語の絵本を読んでみても反応はあまりなく、日本語の絵本の方が反応はよさそうです。そんな状態でも、英語を早くから始めて慣れさせた方がいいのでしょうか?

A.「英語を学ぶよりも、いろんな体験をさせることが大切」
言葉の発達には段階があります。赤ちゃんは、お腹の中にいるときからお母さんの話す言葉を学習しており、産まれた後もその言葉を引き続き学習するというのが一番自然な状態です。

この言葉が「母語」となり、この「母語」がやがて子どもの感情や学習、思考の言葉となります。そのため、この「母語」を身につけることが一番大切なことであり、特に英語を楽しんでいる様子ではないのであれば、もう少し先になってから始めても十分間に合うのではないかということでした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。