自己流!小学1、2年家庭学習の仕方

子供が小学校に入ってこれまでの生活と一変するのは、やはり「勉強」が入ってくることかと思います。

我が家も長男がそれはそれは苦労しています。何度衝突したかわかりませんし、2年生の一時期、宿題すら拒否して大変でした。でもその時期、一番心が不安定だったのかもしれません。そんな我が子と向き合い、今年はいよいよ3年生を迎えようとしています。

3年生と言えばこれまた勉強もだんだん難しくなります。3年生での我が家の学習方針はまだ決まっていないのですが、1、2年生での我が家なりの学習方法を少しレポートしていきたいと思います。

小学1年生入学時

小学1年生の入学時、それまで息子は幼稚園での集団学習のみの学習でしたが、それなりに読み書きもできましたし、簡単な計算なら出来る状態で入学しました。

“宿題が出る”というのは本人も知っていましたし、それなりの覚悟で入学したようですが、とにかく緊張して泣いて登校する日が続きました。

下校してすぐに宿題派?後で派?

ここは大きく2つに分かれるところだと思います。
下校してすぐに宿題をするように促されるご家庭がほとんどかと思います。担任の先生も、この時期からそういう習慣をつけることで、反抗期などが始まる時期でもスムーズに机に向かう事ができると仰っていました。

しかし、息子の場合、学校では非常に真面目で神経質な性格。かなり学校が疲れるようで、とにかく「良い子でいなくては…」と思い悩んでいました。その反動で家に帰るとものすごくお腹も空きますし、のびのびとするので、すぐに「宿題やってからおやつにしなさい!」とはとても言えませんでした。

少し休憩して一息ついてから宿題…。それが我が家の定番スタイルで、これは今でも続いています。

2年生で突如息子が宿題拒否!

1年生ではとにかく時間が掛かりながらも宿題をしていた息子ですが、2年生で突如「宿題拒否」が始まりました。

「宿題しなよ!」といっても、怒る、反抗的な言葉を発する、鉛筆や消しゴムを投げる…と、とにかく一時期ピリピリ状態でした。

字が汚くなりはなまるがもらえない日々

低学年の子にとって、担任の先生はかなり影響力がある存在です。褒められると嬉しいし、叱られると本気で悲しい…。そんな時期かと思います。そして何よりまだまだ素直な時期、という子がほとんどかもしれません。

そんな時期、息子の文字が突然荒れに荒れはじめ、漢字の学習では「文字が薄い」、「はねやはらいが出来ない」という状態に…。これまでほとんどA判定だったのに、突然B判定しかもらえない日々が続き、ちょっと綺麗にかけたなと親子で思っていた時もB判定だった日には、完全にやる気を失う日々…。

懇談の時期でもなかったのと、学校の先生に改まって話をする機会もなかったので、しばらく息子と葛藤の日々でしたが、ある日何事もなかったかの様にその「荒れ」の時期が終わりました。何故かはわかりませんが、とにかく息子の中の「やる気スイッチ」がONになったようで、それから「きれいな字が書きたい!」と、ものすごく時間はかかりましたが漢字の学習に力を入れるようになりました。

担任も実は心配していた!

2学期末の懇談で、改めて「荒れていた時期」について先生に話したところ、

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。