双子あるあるブログ | 安定期

以前、双子妊娠の初期の体験を書きました。
今回は中期、妊娠16週から27週の体験を思い出しながら書いてみたいと思います。

単胎妊娠ならばいわゆる安定期

安定期といえば、お腹の中で胎盤が出来ることによりつわりが治まり体調が安定してくる、妊娠中一番楽な時期です。
私も上二人の妊娠期間では、安定期においしいもの食べたり無理のない範囲で遊びに出たりマタニティヨガを始めたりしたものです。

しかし双子の妊娠、待ちに待った安定期…!と迎えた16週目も、17週目になっても変わらず食べては吐いて…さすがに水飲んで吐くほどひどくはありませんでしたが、体重が戻るほどの回復は出来ませんでした。

けれども安定期に入ったことで実母と姑の手伝いは無くなりましたし、主人はちょうど激務真っただ中、おまけに長女は夏休み。体調が安定していないのに妊娠前と同じ家事育児をしなくてはいけないという、初期より辛い状態になってしまいました。

そして双子妊娠には「安定期」というものは無い、と主治医に言われてびっくり。
すごい衝撃的だったのですが、安定期に入ったらあなたは今から臨月だと思って下さいと言われ、検診の度に早産の危険性について注意を受け、確かもう19週で入院の説明とか受けた覚えがあります。

1週増えるごとに、今どれくらいの大きさでどれくらいの成長をしているのか、あと何週お腹の中に留まってくれれば出て来ても平気なのか調べまくって極力安静に努めていたのですが、ここで出て来たのがありがちな主人との認識のズレ。
何度説明しても「安定期=元気」の方程式が主人の頭から消えてくれなくて、家事の不出来を責められたり安静にしすぎだと言われ何度も泣きました。もうコイツの子どもは二度と産まねぇと何度も誓ったものです。

初期が体的にしんどかったのであれば、中期は精神的につらい時期でした。

怒涛の出産準備

そして体調が落ち着いて買い物などに一応は出られるようになったので、双子を迎える環境作りが加速しました。
我が家が最初に行ったのは、車の買い替え。

さかのぼること三年前、次女が生まれるにあたって我が家はトヨタの旧型「シエンタ」を購入しておりました。シエンタは本来二列ですが三列目シートが床に収納されており、最大7人乗車することが出来ます。
ただこの三列目、背もたれを倒すことがほぼ出来ず、シートが直角から動きません。ここにチャイルドシートを取り付けることは出来ない(確かトヨタさんも三列目にチャイルドシートは乗せないで下さいと言っていました)造りになっていました。

我が家は双子を迎えると6人家族になるので、人数的にはシエンタでも問題無いのですが、双子が産まれる頃、長女も次女もまだチャイルドシートを利用する年齢。
なんとチャイルドシートを4つ乗せないといけない状態で、シエンタでは少し小さい&不可能ということが結論づけられ、泣く泣く三年でシエンタを手放すこととなりました。

そこで一回り車を大きくして、VOXYを購入。
VOXYは荷室はシエンタよりは狭くなりますが、シートは三列普通の広さですのでチャイルドシート4つを乗せることが出来ます。
そして車の縦の長さは多少伸びるものの、横幅は変わらないという、そこまで運転に長けていない私にはありがたい造り。一も二もなく急いで納車してもらいました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。