ママ友と子連れで旅行!協力タッグが成功の秘訣!

「ママ友」…。そう聞くと大体二つの意見に分かれると思います。

1…面倒くさそう
2…ママ友は大事!

私も濃いママ友付き合い(ランチに行ったり公園遊びに行ったり…)は、上の子が8歳にも関わらず2年目。実は上の子が幼稚園児の時、下の子(当時1歳)は私とママ友がおしゃべりすることさえ嫌がり、ランチ会も公園遊びも参加はおろか、お誘いすらかかったことがほとんどなかったんです…。

そんなややこしい下の子が入園したことをきっかけに、やっと自分というものを表に出せるようになり、ママ友も増えて、今では家族ぐるみで仲良くしているママ友がいます。

そんなママ友と子連れでの旅行…実は2回目なのですが、前回はパパたちも参加してくれたのです。だからか前回はすごく気楽な旅行(子供の安全面等への配慮が少なく済んだので)になりました。

ですが、今回のママ友と子連れの旅行はママ達(6人)プラス子供(11人…幼稚園年中から小学3年生)のみでの旅行!とうことで、かなり緊張した旅行になりました。でも特にトラブルもなく、大きな怪我なく(ここが一番大事)、みんな無事帰宅することが出来ました。

という訳で、今回「ママ友と子連れ旅行」について、みんなで気をつけたこと、自分が気をつけたこと、また準備物等について、これからママ友と子連れ旅行を控えているという方の参考になるようまとめてみたいと思います。

季節は暖かいほうがいい!

今回旅行したのは、前回にも宿泊経験のある「しあわせの村」。神戸の北の方にあるので、冬は西宮の平地に住む私達にはかなり寒いです。

今年は特に寒かったので、3月下旬に予定した旅行は極寒かな…と覚悟していたのですが、出発の数日前から初夏並みの暖かさに!桜も一気に満開!とはいきませんでしたが、6分咲きくらいの丁度見頃な時期でした。

なぜ暖かいほうが良いかというと、やはり荷物の問題。冬服はとにかく嵩張るんです…。ママだけだと荷物持ちは子供にも手伝ってほしいものですが、ぐずられると大変なので重い荷物を持ってもらうことは出来ません。ママだけの子連れ旅行では出来るだけ暖かい季節のほうが荷物が軽いから助かる…というのは、その点でもすぐに理解してもらえると思います。

しかし、3月下旬ということは、朝晩は当然寒いという状況。昼間は半袖かロンTでいいのに、朝晩はジャケットがいる…というややこしい季節。私たちは重ね着で何とかしのぎましたが、夜は外にでるのは禁止!そして暖かいパジャマを持参…という感じでした。

運転できる人に助けられた!

ママになってペーパードライバーを卒業した人、ママになって運転が怖くて乗らなくなった人…色々な方がいるかと思いますが、私自身は免許がありません。

今回6人のママ友と一緒に旅行に行きましたが、その中で頻繁に運転しているママ友は2人。残りのママ友も私を除いてはみんなペーパーで全く運転しない人たちです。

ですが、1泊とは言え「しあわせの村」の合宿所にはバスタオルはおろか、フェイスタオルも、備え付けのテッシュも、寝巻きもないので、身の回りのもの一式持っていかなくてはならない状況。我が家は大人1人と子供2人分の荷物で、大きめのトートバッグ2つになりましたし、飲み物等も持参…ということで、更に荷物が増えてしまいました。

西宮から「しあわせの村」に公共機関を使って行くには、移動時間や待ち時間含め電車とバスを使って1時間30分程かかるので、かなり大荷物。そしてその荷物を持って子供2人を連れて行くとなるとこれはもう拷問でしかありません。

ですが友人のうち1人が車を出してくれたおかげで、みんな大きな荷物だけ車に乗せて現地に持って行ってもらうことができました。しかも「しあわせの村」、ありがたいことに駐車料金は宿泊すれば無料になります。

ママ友と子連れ旅行、どんなことに気をつける?

ママ友と子連れ旅行。家族旅行とは訳が違います。自分達だけが楽しむわけではない旅行、みんなが楽しめるように気遣いが必要になります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。