大河ドラマ「西郷どん」|第十二回「運の強き姫君」

あらすじ

江戸幕府13代将軍・徳川家定に輿入れの話が出ている篤姫は江戸に来て2年が経とうとしていましたが、未だ輿入れが決定しません。

反対派の井伊直弼による妨害によりなかなか進まないと聞いた幾島は、大奥の方から働きかけたらどうかと薩摩藩主・島津斉彬に提案し、西郷吉之助(後の西郷隆盛)も各藩の有力者に働きかけます。

幾島は家定の生母・本寿院に大奥にて目通りが叶います。
多くの貢ぎ物と共に訪れた幾島の目的を、本寿院はお見通しでした。

本寿院は、母親として御台所に望むことは、家定よりも先に死なないということだと言います。篤姫は体が丈夫で、運が強いため、家定と永く添い遂げてくれるだろうと幾島は篤姫を推し、本寿院は篤姫の運に乗ってみようと後押しすることを決めます。

本寿院は家定本人に、御台所候補の姫たちの絵を並べて、選んでもらうようにします。しかし家定は姫を選ばずに、可愛がっていたアヒルの死を嘆きます。既に二人の御台所に先立たれていた家定は、死なない御台所が欲しいと本寿院に訴えます。

死なない命は無いが、体が丈夫で運が強い姫は篤姫であると本寿院に絵を示された家定は、篤姫を御台所に選びました。

薩摩藩邸では、輿入れの日付が決まったことに篤姫と幾島が喜びを露わにしていました。

しかし吉之助は浮かない顔をしています。家定は体が病弱であり子を成せないであろうということを以前聞いていたため、何も知らずに嫁ぐ篤姫を憐れんでいたのでした。

日を改めて、斉彬は篤姫を呼び出しました。家定の元に嫁いだとしても、夫婦として成り立たないこと、子を抱くことはできないこと、輿入れの目的は一橋慶喜(後の15代将軍・徳川慶喜)を次期将軍にするよう家定の心を動かすことであることを告げます。

篤姫は動揺しますが、斉彬のためになるなら不幸になることも厭わないと言い切ります。

その晩、江戸を大地震が襲いました。

自室を飛び出した吉之助は斉彬の無事を確認すると、篤姫の元へ向かいます。倒れてきた柱から篤姫を体を張って庇い、篤姫を守ります。

篤姫は、吉之助に、斉彬も家定もいないような遠いところへ自分を連れて逃げてくれと頼みます。吉之助は、どこまでもお供しますとそれを了承し、篤姫は嬉しそうに涙を流しました。そして駆け付けた幾島の前で、御台所になるこの体を良く守ってくれたと毅然とした態度で礼を言い、去って行くのでした。

女性陣の演技が際立って素晴らしい!

篤姫を始め、幾島に本寿院に、女性陣の演技にぐいぐい引き込まれる回でした!

今作の本寿院は泉ピン子さんということで、何か怖い!と思わず思ってしまったのですが…初登場の本寿院は、子を思う優しいお母様でした。

跡継ぎが必要だから丈夫な姫を、ではなく、既に二人の妻を亡くしている我が子の心情を慮って家定よりも長生きの出来る姫を妻に、という理由は良かったですね。このシーンがあっただけで、今後篤姫に意地悪を言うようなシーンがあっても耐えられそうな気がします。

そして幾島、厳しいだけではなく篤姫への愛情が垣間見られました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。