子供とDAISOの「プラ板」を楽しもう

プラ板ってご存知ですか?
プラスチックの板にマーカー等で絵を描いてカットした後、トースターで熱すると小さく縮むので、それを自分好みにカスタマイズすることで色々な用途に使えるようになります。

最初はペラペラの下敷きのようなプラスチック板ですが、熱すると定規程の厚さになるので、強度もしっかりあります!

こか「プラ板」、準備も少なく手順もとっても簡単なので、是非お子様との工作タイムに取り入れてみて欲しいと思います。

今回使用したのは「DAISO」で購入した「プラ板」のセット。子供と作る楽しさを実際に感じてもらいたいので、一緒に製作した様子をアップしていきたいと思います。また、色々な用途やシーンでプラ板は大活躍するので、ご紹介したいと思います。

プラ板との出会い

私が「プラ板」を知ったのは、1年程前でした。ハンドメイド好きな人が、「“プラ板”が簡単で楽しいよ~」と教えてくれたのですが、その時はまだハンドメイドに目覚めていなかったのと、「プラ板」自体知らなかった私は、その時「プラ板って何か知らないや~」と気にも止めていませんでした。

後日、テレビ番組で「プラ板」で作るアクセサリーといったような内容の放映をたまたま見たのがきっかけで、その簡単さにびっくり。私はUVレジンでならアクセサリーを作ったことがあったのですが、レジン液が上手く固まらなかったり、流れ出てしまったり、大変であるにも関わらず、似たような出来上がりなのにプラ板の手順の方がめちゃくちゃ簡単!中に花びらやメタルパーツ等何か飾りを封じ込めるという事はできませんが、準備物も少ないし、何より子供にもできる!と思い、早速100均に足を運びました。

子供が大好き「プラ板」

休日、雨が降っていると、我が家は車がないのでもう「おうちでまったりDAY」決定になってしまいます。

そんな時、一通り遊び終わると、大概ゲームやら、動画なんかに走ってしまいます…。親もずっと遊んであげることができないので、ある程度は容認しているのですが、せっかくの休日、出来たら何か実になることがしたい!

そんな時には「プラ板」の出番です。

実際雨の日に、「プラ板」を買ってきてあげると…

「わーい!やろうやろう~!」

5歳娘大喜び。8歳息子もまだ喜んでくれます(モノづくりが好き)。

描きたいものや作りたいものを検討する時間を入れても約30分程度しか所要時間もかかりませんし、失敗もほとんどありません。また。ゴミもほとんど出ませんので安心して出来るところが嬉しいポイントです。

準備するもの

最低限準備するものは…

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。