大河ドラマ「西郷どん」|第十一回「斉彬暗殺」

先日100円均一のお菓子コーナーでこんなものを見つけました。

その年の大河ドラマに因んだ商品はその年には良く目にしますが、東京の100均で見かけるのは初めてかも。西郷どん大人気。

思わず購入してしまいました。

あらすじ

薩摩藩主・島津斉彬は、養女篤姫の将軍家輿入れを実現するため、第13代将軍・徳川家定に謁見をしていました。

しかし斉彬にも輿入れの話にも興味を示さず家定は庭の烏に気を取られて謁見は終わってしまいます。

将軍の謁見を終えた斉彬は、彦根藩主・井伊直弼に出会います。井伊は次の将軍に紀州藩主・徳川慶福(後の14代将軍・徳川家茂)を推す南紀派の代表人物で、一橋慶喜を推す一橋派の代表人物である斉彬とは敵対関係にありました。

篤姫の輿入れに対して苦言を述べた後、井伊は意味ありげに「体に気をつけろ」と言って去って行きます。そんな折、斉彬の唯一の跡継ぎである虎寿丸が急逝します。斉彬はこれで5人の息子を亡くしていました。

薩摩藩士は再び、斉彬の父・斉興の側室である由羅の呪いではないかと騒ぎ立て、斉興と共に隠居生活をしている由羅もまた自分のせいだという噂が流れると嫌がりました。

息子を亡くした斉彬は、そんな中でも国のためと奔走します。

水戸前藩主・徳川斉昭、その息子であり次期将軍にと推す一橋慶喜、志を同じくする福井藩主・松平慶永と互いの考え方を話し合い、目的が一致したことに祝杯を掲げます。しかし当の本人である慶喜は、将軍になどなるつもりはないと言い切り、席を立ってしまいます。

その晩、斉彬が急に倒れます。

一命は取り留めますが、呪いを疑って床下の捜索に当たる藩士を尻目に、西郷吉之助(後の西郷隆盛)は毒の混入による暗殺を疑い、斉彬の膳からおかずの魚を拝借し、以前に顔見知りになった福井藩藩医・橋本佐内に検分を願い出ます。

佐内が調べたところ、魚からはヒ素が検出されました。

衝動的に吉之助は斉彬の父・斉興と側室由羅の隠居している屋敷へ向かいます。目通りを許された吉之助は、斉彬にはあちこちに政敵がいて憎んでいるのは自分たちではないこと、証拠もなく二人を疑っていたことを厳しく叱責され追い返されます。

その斉彬は病み上がりにも関わらず精力的に動き回っていました。吉之助が父を疑って屋敷へ行っていたことをこちらも厳しく叱責します。そのようなことをしている場合ではない、と。

民のための国を作ることが今の斉彬には命よりも大事だと言います。一方井伊直弼は、斉彬が一命を取り留めたこと、慶喜が将軍になることを拒んでいることを知り、意味ありげにうなずくのでした。

井伊直弼とは

ん?この人が斉彬を暗殺しかけたのかな?という感じで終わった井伊直弼ですが、歴史の教科書にも出てくるのでご存知の方も多いかと思われます。

大老として日米修好通商条約を締結し、反対する者たちを安政の大獄で処罰し恨みを買い、桜田門外の変で殺害される、といった辺りが良く知られた彼の人生でしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。