• HOME
  • ブログ
  • テレビ
  • アンナチュラル10話(最終回)「旅の終わり」ネタバレ&ツイッターの感想|木林さんは結局黒幕だったのか!?

アンナチュラル10話(最終回)「旅の終わり」ネタバレ&ツイッターの感想|木林さんは結局黒幕だったのか!?

ついにアンナチュラル完結!

毎度泣かされたり憤ったり、脚本すごいなと言わない回のないアンナチュラルでした。最終話は「脚本すごい!」の声が最高に高まった回。「あれもこれも全部伏線だったのか!?」と、ツイッター騒然。

あらすじネタバレを、登場人物紹介も兼ねてしていきます。

アンナチュラル最終話ネタバレ&登場人物紹介

高瀬文人(演:尾上寛之)

A~Zの頭文字になぞらえた殺害方法を考え、実際に26人を殺害した連続殺人犯。

不動産屋を経営しており、新居をもとめてやってきた単身女性を狙って犯行を繰り返す。遺体を自殺に見せかけたり、酸で溶かすことにより証拠隠滅を繰り返し、最終的にバラバラ殺人をもって26人殺害を完遂。

26人殺害後、「殺されそうなので保護してください」と、警察へ出頭。「遺体損壊は認めるが、殺していない」と一貫して「殺人」を否定。

幼少期に母親から虐待されており、心の傷が犯行につながったと思われるが、ミコト(石原さとみ)に「そんなことはどうでもいい」と一蹴される。

最終的に、法廷で決定的な証拠を突きつけられた上、ミコトに「三十歳を過ぎてなお、死んだ母親の幻影に苦しめられている被告人に、心から同情する」と煽られた結果、逆上。「母親は関係ない、やりたくてやった!殺したくて殺した!」と、26人全員の殺害を認める。

宍戸理一(演:北村有起哉)

若い女性が殺される事件を追ううち、高瀬が犯人であることを知る。

高瀬の不動産屋を監視できる位置にアパートを借り、住みながら高瀬を監視。高瀬に近づき、高瀬と親しくなることで犯行を打ち明け(自慢)される仲となる。

高瀬の目標が「26人殺すこと」であると知りながら、それを黙認、ときに殺人ほう助を行う。高瀬が26人殺害を完遂し、警察に出頭したのち、高瀬の犯行を書いた書籍を出版。バカ売れする(これが狙い)。

中堂系(井浦新)に毒を打たれたことにより高瀬の犯行の決定的証拠(女性の口に猿轡としてかませていたおもちゃのボール)を渡すが、解毒剤と交換した瞬間硫酸でボールを溶かすという、最後の最後まで卑劣なクズ。

最終的に高瀬が犯行を自供したことと、高瀬の犯行現場にいたことが決定打となり、宍戸も殺人ほう助罪で逮捕される。

中堂系(演:井浦新)

8年前恋人が殺された事件を機に、口内に「赤い金魚」のあとがある遺体を探し、犯人を追う。高瀬が犯人であることを知り、高瀬の家に乗りこむが、高瀬はすでに警察に出頭していた。

最終話では、高瀬が殺人を認めない&決定的な証拠が見つからないため、証拠となるボール(猿轡)を持っているであろう宍戸を問い詰めることを決意。UDIラボに辞表を提出したうえで、単身宍戸のもとへ乗り込む。

宍戸を襲い、テトロドトキシン(ふぐ毒)を注射→証拠のボールと、解毒剤を交換→宍戸は解毒剤を得ると同時に、硫酸でボールを溶かし証拠隠滅→証拠ゲットならず、宍戸の独り勝ち…のように思えたが、実はテトロドトキシンとされた注射はただの麻酔で、解毒剤として渡した液体こそが本当の毒だった!→毒を自ら飲んで意識がもうろうとなる宍戸→死にゆくクズ(宍戸)…このままでは中堂が人殺しになってしまう…!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。