老々介護の実態|実母が通いで祖父母の介護

近年、男性女性ともに平均寿命が長くなっています。医療の発展、食生活の充実、暮らしやすさ…その背景には様々な人の尽力があります。

そして、私の母方の祖父母もありがたいことに93歳、87歳と大変長寿です。父方の祖父は62歳で亡くなり、父方祖母は存命でこれまたありがたいことに元気でいてくれています。

しかし、母方祖父母は、大変な事に、祖母の方が昨年病を患い、それがきっかけで認知が進み、介護認定を受けています。祖父は祖母に身の回り全てをさせていた言わば「亭主関白」。病を患いやっと退院した祖母に変わらず身の回りのお世話をしてもらっているそうです…。

そんな状況を見ていられないのが、一番近く(といっても電動自転車で30分)に住む実母。最初のうちは毎日、今は2日に1回、通いで身の回りのお世話にいっています。

遠いので毎日はいけませんし、色々な施設のヘルパーさんからお手伝いをしてもらったり、訪問医に来てもらい診察を受けられるようにしたり、それはそれはあの手この手で頑張っている母。

そんな母の方が病気になったこともありましたし、ピリピリした時期があり、介護の大変さを身にしみて感じています。なので、高齢化が進む中、母から聞いた事、また介護で大変なことについてや、こういうサービスを利用しているということを書いていきたいと思います。ちなみに介護保険やその他もろもろ、地域によって異なるような内容については知識不足なので深くは書いていません。

通い介護開始の時の母は62歳

事の発端は、昨年の夏頃。蒸し暑く、祖父母の様子が気になった母は、電話をかけたそうです。
「調子が悪い」という祖母の返答に嫌な予感がした母は、その足で祖父母宅に駆けつけました。すると、祖母は寝ており、お腹が痛い…と。
診察の結果は腸閉塞。色々な検査で麻酔を使用したりし、一時的に認知が進んでしまいました。

とにかく退院しても、またお世話させるであろう祖父のところにすぐに返すわけには行かない…と、知り合いの病院に転院するも、長くはいられず、祖母も自宅に帰りたがったため、一時帰宅することになりました。
その時母は62歳。仕事はしておらず、私自身が近くに住んでいるので、孫の面倒をよく見てくれたり、学校や幼稚園の間に一緒に遊びに出かけたり、同窓会を楽しんだり、有意義に過ごしていました。

大変な自転車移動に、電動自転車を購入

我が家にも実家にも車がありません。というのも、免許を持っているのは父と主人だけ。実家の車を処分してからは、特に車の恩恵を受けることなく過ごせていたようです。というのも、周囲の環境がいいので、外出が得意ではない父母は、自転車だけでどこまでも行く~という感じなのでした。

しかし、祖父母の家がかなりの勾配…。普通の自転車で行けないと判断した時は「タクシー」を使っていたそうですが、請求等を祖父母にするのを悪く感じたそうで、母親は電動自転車の購入を即決。これまでかなりしんどかった勾配も、楽に走ることができる…と言っています。それでもやはり30分はかかるので、無理しないで、一緒に行くよ…とはいうのですが、2児を抱えている私に体調を崩されるほうが大変になるから…と、側で話を聞いてくれるだけでいいと言っています。

現在うけているサービス

現在は、週に数回ヘルパーさんが数時間様子を見たり、身の回りの掃除や洗濯等をしてくれています。どんな人が来るのかが心配だいう祖母の為、最初は母が一緒に会って雰囲気を見ていたそうです。
もちろん母が来られるならヘルパーとして来なくていいのでは…という話になるので、理由を話し、次回からはヘルパーさんが来られる日は出向かないようにしました。

また訪問医に来てもらい、月に一度診察をしてもらっています。少しでも他人に家の中へ入ってもらえることで、客観的に今の状況を知ってもらうこともできますし、専門的な分野を見てもらえるので助かるそうです。

そして、宅配食事サービスもお願いしています。最初は母が作ったものを届けたりもしていたのですが、傷みも気になりますよね。普通食は歯がない祖父母には難しいので、年齢に応じた調理がしてあるお弁当を毎日1食お願いしています。いくつになっても食事というものは人の心を支えているものなので、あれこれと注文をつけてくる祖父母ですが、それが言えるという事は、まだまだこれが食べたい、あれは嫌いという食べる意欲のある証拠なので、その目安にもなります。

どんなことが大変か

実際どんなことが大変か…これは母がよくいうことをまとめていきたいと思います。

老人2人が誰の監視もなく過ごしている事が不安

これまでは電話で色々な話が出来ていた祖父母。しかし、もう耳もほとんど聞こえていない&すぐに忘れるという状態なので、難しい話などはもう直接会いにいくしかありません。でも片道30分。夜になるともう行くことすら難しいですし、また明日…となるわけですが、思いのほか祖母は自分で何でもできると思っているようで、すぐ一人で外出したりするそうで、母にとってはそれが一番不安だそうです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。