唇の乾燥対策|唇に潤いにリップクリームは欠かせない!

冬、乾燥に悩まされる季節です。

手荒れをはじめとした体中のいろんなところが乾燥し、そのケアに時間をとられる毎日。もちろん、そのケアの中には唇も入っています。

でも、唇のケアって、結構適当になりがちじゃありませんか?

たとえば、歯磨きをしたあとや、メイク前にリップクリームを塗って終わり。そんなズボラなことをしているのは、きっと私だけではないはず!最近、手荒れやかかとの荒れなどの対策をしていて、ふと、朝のNHKの情報番組「あさイチ」で「唇の荒れ」について話題にしていたのを思い出しました。

もう昨年の話になりますし、話題にされていたとはいっても、メインの話の前の、ほんの10分に満たない時間でさらりと話されていただけだったので、見逃していた人も多いかもしれません。

しかし、私はその短時間の話の中で、自分のケアの仕方が間違えていたんだと思い知ることになりました。何故って、リップクリームの役割を勘違いしていたんです。

「リップクリームは唇の荒れを『治す』のではない、『予防』するだけ!」

『治療』と『予防』だと、全然違いますよね。これを聞いたとき、今のケアを見直さなければ、と思ったんです。今回はたまたまその放送を録画していたので、その話をおさらいしつつ、私のオススメの唇のケアを紹介してみようと思います。

荒れた唇は老けて見える!

唇が荒れているだけで、老けて見えるそうです。

「まさか、唇だけで?」と思うかもしれません。しかし、実際に番組での街頭調査では、50人中48人が、同一人物の全く同じ写真でも、唇が荒れている写真の方が老けて見えると答えていました。民間企業の調査でも、唇が荒れているだけで4~6歳老けて見えるという結果が出ているとか! 唇の荒れだけで見た目の年齢が変わってくるなんて、唇、本当にあなどれません。

リップクリームの正しい使い方

「唇の荒れ防止にリップクリームを塗る」というのは、誰もが思いつくケアだと思います。しかし、リップクリームというのはあくまで『予防』であって、唇の荒れを治す『治療薬』ではない、ということをしっかり認識しておかなければなりません。

もし、うっかり荒れているときに使ってしまうと、症状を悪化させてしまうことがあるので要注意です。荒れを治そうとして、逆に悪化させていたらシャレになりませんよね。特に、スースーするリップクリームは、荒れている状態に使うと、刺激になってしまうので、使用は避けた方がよさそうです。

まずは丁寧な『予防』をすることで、潤いを保ちましょう!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。