大河ドラマ「西郷どん」|第十回「篤姫はどこへ」

今週のサブタイトルの「どこへ」は行方不明になったときの「どこ」と輿入れしてからの運命の「どこ」を指しているのかな?

昨年もそうだったのですが、二重の意味があるタイトルとか大好きです。

あらすじ

薩摩藩主・島津斉彬の命令により一橋慶喜(後の江戸幕府15代将軍・徳川慶喜)と思われる人物「ヒー様」に再度会いに行った主人公・西郷吉之助(後の西郷隆盛)

慶喜は吉之助に「将軍になるつもりはない」と言い切ります。何の話か分からない吉之助が困惑しているタイミングで、おタマが倒れ店の中は騒然とします。

そこに蘭方医が現れ、瀉血(しゃけつ・患者の血を体外に排出させることで改善を図る治療法)の処置をし、おタマの状態は安定します。慶喜に名前を聞かれますが、医者は「こんなところで名乗るのは無粋なので」と名乗らずに去って行きます。

吉之助より、慶喜の将軍になるつもりはないとの伝言を聞き、斉彬は「一筋縄では行かない方だ」と苦笑をします。そこに篤姫が行方不明になったという知らせが入り、吉之助は捜索の向かいます。

篤姫の実父の訃報を聞いて落ち込んだ篤姫は、故郷を想って海を見に来ていました。

思う存分に泣き吉之助と共に戻った篤姫に、斉彬は薩摩の姫として13代将軍・徳川家定に輿入れするよう伝えます。自分にその大役が務まるだろうかと驚いている篤姫の元に幾島という、京の近衛家より、御台所になるための指南役がやって来て、篤姫の花嫁修業が始まります。

言葉遣い、所作、書道、琴に薙刀、そして閨での作法になったところで追い出された吉之助が薩摩藩邸に戻ると、いつぞやの蘭方医が待っていました。医者は越前福井藩の藩医・橋本佐内を名乗り、藩主より託された、一橋慶喜を次期将軍にする企てに関しての書状を斉彬に渡してほしいと言うのです。

御台所になる篤姫が産む子が次期将軍になるものだと疑ってなかった吉之助は驚愕し、なぜかと佐内に詰め寄ります。

今の幕府においては外様藩である薩摩の藩主斉彬は、いかに聡明であっても幕府の政に関わることは出来ない。そこで斉彬は「衆議一致」という、有力な藩が力を合わせて政を行う仕組みを作りたいと思っている。

しかし現将軍家定は虚弱であり、仮に篤姫が嫁いで世継ぎを産んだところで、先は長くなく幼子が将軍として就任してもこの乱世を乗り切ることが出来ない。そのために慶喜を次期将軍に立てておきたいというのだ。

説明されても吉之助には、雲の上の話で…と今一つ実感が湧きません。あまりにも物を知らない吉之助に、買いかぶっていたと失望し佐内は帰って行きます。

書状を持って行った吉之助は、斉彬に疑問をぶつけます。

斉彬は、外国と対等に渡り合うためには秀でた将軍が必要で、慶喜に次期将軍になってもらわないといけないと言い切るが、ならばなぜ篤姫の輿入れが必要なのか?と吉之助は尋ねます。篤姫は将軍の正室になり世継ぎを産むという、誰もが羨む幸せを手にするのだろう、と。

しかし斉彬はそれを否定しました。
「お篤は、不幸になる。」と。

幾島と薩摩の関係

篤姫の指南役として今週出て来た幾島。
どんな繋がりで近衛家からきてくれたのか、京女かと思ったら薩摩出身だと篤姫が言ったり、結局誰?という方もいたのではないでしょうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。