「天然パーマ」5歳女の子の髪質変遷とヘアアレンジ

「天然パーマ」や「くせ毛」と聞いてどんな印象を受けますか?
私は「天然パーマ」や「くせ毛」と聞くと、お手入れとかが大変で、雨の日とか「髪型がまとまらない~!広がる~!うねる~!」という感じで、ストレートヘアや気にならないくらいのくせ毛の人とは比にならないほどのストレスがあるのでは…と感じていました。

そんな私は生まれた頃は「つやつやストレートヘア」。いわゆる「天使の輪っか」ができるほどキューティクルもしっかりして、艶髪でした。
思春期で髪質が代わり、癖やうねりが出たりしましたが、35年間、髪で周囲からやいやい言われたりしたこともなく、少し癖があるおかげでパーマも長続きしますし、癖を生かしたヘアスタイルを楽しむこともしてきました。

また、主人も小さい頃は少しくせ毛だったようですが、髪ふさふさ、中学時代から知っていますがもみ上げ辺りに少し癖があるくらいで、これまで特に気になったことはありません。

そんな二人の間に生まれた長男は「超さらさらストレート!」8歳になった現在は艶も衰えてきましたが、3歳くらいまでは本当に髪の量もそこそこのストレートさらさらヘア。

当然2人目も…と思いきや、まさかの2人目の女の子は「うねうね天然パーマ」で生まれてきました~!!誰の遺伝子?と当時は両家首をかしげていました。

そんな娘の髪質やヘアケア、今でこそそこまで悩みはありませんが、産後しばらくはかなり悩みました…。あまりに前髪の生え方やうねりが酷くなったときは凹みました…。

我が子なので、健康であればそれで良いのですが、女の子ですし、欲も出てきます。5歳の現在は「可愛い髪の毛の癖だね!」「キャンディーキャンディーみたい!」と、褒めてもらえるようになったのですが、産後すぐはそんな風に言ってもらえる日が来るとは…な感じにうねうねしていました。そんな経験談とともに、娘の「天然パーマ変遷」、また、「幼稚園に行く際のヘアアレンジ」についてまとめたいと思います。

我が子が「天然パーマで悩んでいる」という方の参考になれば嬉しいです。

娘は「ふさふさ天然パーマ」で生まれた!

娘は38週で生まれたのですが、既に髪の毛はふさふさ、よく見ると「うねうねしている」という感じでした。「くるくる」ではなく軽くウェーブした感じだったのと、すごく油っぽかったので、もしかしたら時期が来たらだんだんストレートになるかも…という淡い期待をしていました。

産後すぐはそんな小さなことにも「どうしよう」と思っていたのですが、そう思っているのは自分と自分の母親(誰の遺伝?という不安)くらいで、周囲は何とも思っていなかったそうです(ありがたいことです)。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。