学研教室に入会「神経質な5歳娘編」

我が家には8歳の息子と5歳の娘がいます。

二人共性格は真逆、上の息子は多少神経質ではありながら、男児特有の「THE適当!」な性格。
下の娘は「超がつく神経質!」な性格。この振り幅のすごい二人の性格に振り回されているのが私です。

でもこれは私に限ったことではなく、神経質なお子さんを育てている方、本当に多いと思います。自分がかつて子供時代そうだったという方もいらっしゃれば、自分は適当なのに、我が子は全然違う性格だわ…という方等、それぞれかと思います。

我が家の場合、神経質な娘の性格は恐らく私譲りかと思います。なので大体の対応は熟知しているつもりなのですが、娘の方が私の幼少期の頃よりさらに神経質なようです。

自分の幼少期に似ているだけに彼女の気持ちが分かり、なのに上手く助けてあげられないということに苦しんでいる自分がいるという状況です。

案外性格の全然違うお子さんのとの暮らしの方が楽だったり(もちろん理解出来ず苦になることも多いかと思いますが)するものです。

さてそんな娘、とにかく「個人競技」「個人勝負」「時間との戦い」が出来ません。負けることを恐れ、比べられることを嫌い、時間に追われるとどうにも上手く物事をすすめることができません。そのこだわりが強いので、幼稚園に行くのも毎日涙涙。

「じゃんけんはしたくない」「お相撲は嫌」「かるたはやらない」そんな感じで毎日ずるずる引きずるように登園しています。

そんな娘の最近の心配事は、ずばり「勉強」。今年の4月には年長になり、入学を来年に控えている娘ですが、勉強がわからないかもしれない…と不安がって日々泣いています。

その為、幼稚園で行われる「集団学習教室」と、近所にある「学研教室」の両方の入会を決めました。

集団学習は「集団の中でみんなと勉強」=学校の練習
学研教室は「各々のペースで勉強」=周りに流されない個人学習

ということで、そもそものスタンスが違います。今回はこの2つの教室に通わせることにした経緯、また学研教室への入会までの段取り、また学習方法について先生と共に確認しあったことについて、書いて行きたいと思います。同じような神経質なお子さんをお持ちの方の参考になると嬉しいです。

学研教室にした理由

兄が通っているから

小学生が最初に選ぶ塾といったら「公文」か「学研教室」、「そろばん」といったところでしょうか。
娘が「学研教室」に決めた理由は、ずばり「兄が通っているから」です。兄に関して言えば、「公文」は兄のような「THE適当、宿題嫌い」には宿題が多すぎます(噂では1日10枚)。「そろばん」は、ずっと計算ばかりになるのかな…という不安。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。