PTAの仕事は重荷?1年を終えた感想

この一年、小学二年生の息子のPTAをやってきました。PTAって正直重荷…と感じている方、非常に多いかと思います。私もそのタイプでした。でも1年間のPTAを無事終えて「意外と楽しかった~」というプラスの経験になりました。

もちろん自分に「かなりの重荷を背負うような役割」があったというわけではなく、学年PTA6名の代表としてまとめてくれたお母さんがいてくれたからこそ無事終えることができたのですが、微力ながらPTAとして割り当てられた自分の役割をこなし、息子の分の役員は終了しました。

そんな中、自分以外のPTAの方の尽力のお陰で、「こうしたら上手くまとまるのか」とか、「一人ひとりの負担が減るのか…」という点で参考になったこと、また自分自身も気をつけたことについてまとめたいと思います。

PTAってどんなことをするの?

これは各小学校微妙に違うかと思いますが、小学校は地域との関係が非常に濃いです。地域との関わりを持たなければ色々な協力もいただけませんし、児童の安全を守ることもできません。
PTA全体をまとめる方の中には、地域と小学校の間を取り持つ…という仕事をされる方もいますが、自分の学年を専門に受け持つPTAは、「先生」「児童」「親」をつなぐ架け橋をつくる…というのが主な仕事です。

学年で行うイベントの計画

学年のPTAの中でも、学年で行う「親参加型」のイベントを計画することが、学年のPTA全員が顔を合わせ取り組む仕事です。学期ごとに行われるのですが、イベントの企画をして学年の先生に打診、授業の都合がつく日程、場所の確保、イベント開催できるのは何時間目なのか等をすり合わせ詳細を決めていきます。

外部の講師や外部の企業に来てもらい学習会という内容で色々な講義をしてもらうこともあるのですが、PTAが主体となって盛り上げるイベントもあります。

PTA何が大変?

多くの方がPTAを懸念される原因として、
1、学校に行かなくては行けない。

2、先生や他の親との関わりを持たなくてはいけない。

3、イベントの準備が面倒。

というのがあると思います。私もその口でした。学校に行かないといけない…というのは、結構重荷に感じる方が多いと思います。学校はある意味聖地ですし、先生に会ったり、他の親御さんと会うというのは結構ストレスであったりします。

また、都合をつけて行かないといけなかったり、仕事をお持ちの方は更に責任が増えてしんどく感じる…という方もいるかと思います。

でも実際、今年度は6人中3人仕事を持った方がPTAをされていました。もちろん子持ちということでフルタイムではない方がほとんどでしたが、中には学童に入れて働いているかたもいらっしゃいます。仕事をしていようがいまいが、1児童につき1回役員を引き受けないと行けないので、その点ではみな行事が少ない低学年で早めにやってしまおうという方が多いと思います。

しかし、平日の朝から夜まで、みっちり働いていて休めない…という方は、やはりPTA活動がなかなか難しいかと思います。どうしてもできないという方は、学校に一筆添えることで辞退することもできるので、相談されてみても良いかと思います。

PTAを楽しめた理由

一緒にやる人との相性が良かった

PTAを楽しくやりきれるか…という点において、一番大切なのは「一緒にやる方との相性」だと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。