• HOME
  • ブログ
  • テレビ
  • アンナチュラル8話「遥かなる我が家」ネタバレ&ツイッター感想|中堂さんの恋人殺しの犯人登場!?

アンナチュラル8話「遥かなる我が家」ネタバレ&ツイッター感想|中堂さんの恋人殺しの犯人登場!?

今回はテーマが深すぎて簡単に感想を言えそうにもありません。

アンナチュラル8話「遥かなる我が家」ネタバレ&ツイッターコメントを見て行きましょう。

アンナチュラル8話 あらすじ&結末

雑居ビルで火災が発生。
逃げられず焼死した10名の遺体が、UDIラボに運ばれてきます。

そのうちひとつの遺体の頭部に、殴られたようなあとがあること、身体にはひもで縛られていたような形跡があったことから「殺人を隠すための放火だったのでは?」という説が浮上します。


結末から言うと、火災の原因はプロジェクターからの出火。
殴られ、ひもで縛られていたと思われていた男性は、火災のバックドラフト現象により吹っ飛んだすえ頭部を損傷。その後、男性は人命救助のため、紐を使って意識を失ったひとたちを4階まで運んだ結果、身体に紐の痕が残り、本人も火災で焼死していたのでした。

人命救助のすえ亡くなってしまった男性は、昔はヤクザ者で前科があり、故郷の両親からは勘当されていた人物でした。

UDIラボに遺体の確認にきた両親は、当初「殺人で死んだ」「火災は殺人を隠すため」とされていた息子の遺体に向かって「人様に迷惑をかけて!」と怒鳴り付けます。

しかしミコト(石原さとみ)らにより死因が解明されることで、「息子は人の命を救おうとして死んだ」ということを知ります。

息子である男性の遺体を引き取り、帰る際、ミコトらに向かって「ありがとうございました」という父親の姿に涙をこらえられませんでした。

ツイッターの感想

アンナチュラル続編・2期に期待する声

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。