一風堂「とんこつだし」で簡単御飯!

ラーメンと言えば「とんこつ」が一番好きな私。
でも背脂ギトギトはちょっと苦手…。

ラーメン屋さんも基本「とんこつベース」が大好きなのですが、かの有名な「一風堂」から秘伝の出汁の素敵な商品が出ているそうです。

まさかの「秘伝のとんこつだし」がペットボトルに入った使いやすいこちらの商品。すごく使いやすいですし、ギトギト感はゼロ。これだけで色々なお料理に使えるのです!お友達に勧められて購入したのですが、我が家の台所でも幅広く活躍中!色々なバリエーションの料理と共にご紹介したいと思います。

一風堂って?

「一風堂」は博多一風堂として、福岡発症のラーメングローバルブランドです。国内にも幅広く展開されていますが、海外でもニューヨーク、シンガポール、韓国、香港、台湾、上海、オーストラリア、マレーシア…等、多く進出しています。

「白丸元味」が創業当時から今に引き継がれる一風堂のとんこつラーメンの本流。言わば「原点の一杯」。18時間の調理と、丸一日の熟成を経て、とんこつの旨みを極限まで抽出したスープ。細麺を合わせるのが良いそうです。

店舗限定のラーメンなども揃え、その土地や時代のニーズに合わせて色々な工夫を凝らしているところも興味をそそられます。

一風堂の「とんこつだし」

そんな一風堂の「とんこつだし」。

家庭でも簡単に味わえたらうれしいですよね。もちろん店舗で味わえるようなお味には仕上がらないとしても、美味しい「とんこつだし」があればご馳走になりそうですよね。

友人に勧められた一風堂の「とんこつだし」。
卸売りの「寺内」の食品館で購入しました。

価格にして350円くらいだったと思います。

卸価格にしては高い?という印象ですが、食品に関してはものすごく安い!という印象はないので、納得価格かと思います。しかも用途が広いですし、希釈タイプなので、4人家族の我が家でも使う料理や使う頻度によってまちまちですが、けっこう持ちます。

「寺内」じゃなくてももちろん購入可能。Amazonでは一本400円、楽天でも一本400円で購入可能です(送料別)。

一風堂「とんこつだし」の簡単レシピ

ラーメン鍋

一風堂の「とんこつだし」は汁物をする時は希釈します。お鍋ですと大体13から15倍希釈です。

ラーメン鍋レシピ

まずは水で「とんこつだし」を溶きます(13から15倍希釈)。それを火にかけてお好みの具材(もやし、キャベツ、玉ねぎ、人参、豚ローススライス(豚バラOK))等を入れ、煮込みます。最後にラーメンを入れてさらに煮込んで完成。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。