大河ドラマ「西郷どん」|第八回「不吉な嫁」

そろそろ薩摩弁も慣れたし字幕を消して見てみよう!とチャレンジしてみたところ、やっぱり聞き取ることが出来なくて、まだまだだなぁと思いました。

最終回までには字幕なしでも聞き取れるようになりたいものです。

あらすじ

前回、祖父に続き両親を揃って亡くした主人公の西郷吉之助(後の西郷隆盛)

年が明けて、もらったばかりの妻・須賀が、近所から「不吉な嫁」と言われていることを須賀から聞かされます。須賀が嫁いでくるなり立て続けに父と母が亡くなったことを、須賀のせいだと言われているようです。

その須賀の嫁入り道具の布団を質入れするほどに貧しい西郷家。

隣家の大久保正助(後の大久保利通)はお由羅騒動の際の謹慎がようやく解け復職となり、西郷家と大久保家は大喜びをします。

その頃浦賀にはアメリカの黒船が来航していました。

ジョン万次郎から目的等を聞いていた薩摩藩主島津斉彬は驚くこともせず、鉄山の開発や領内の防備を強化するなど対策を取り、そしてついに養女である於一(後の天璋院篤姫)を江戸幕府第十三代将軍、徳川家定に嫁がせることになりました。

そして幕府の召集で再度江戸へ行く斉彬のお供に吉之助が指名され、西郷家は大喜び。しかし須賀だけは「めでたくない」とぴしゃりと反対します。

実は江戸へ行くための費用は自分持ちで、三十両(現代で300~400万)は必要だと言う。借金まみれの生活でいつ帰ってくるか分からない主人を待っていられない、と須賀は大反対。

江戸行きを躊躇した吉之助に、正助は「逃げるのか」と掴みかかります。

「私のために諦めてくれた」と庇った須賀に「こんな嫁のために」と正助が吐き捨て、「人の女房を悪く言うな!」と吉之助が激高。大喧嘩になった二人を須賀は沈痛な面持ちで見ていました。

そして吉之助に、於一の警護のお役目が入ってきます。

於一は、御前相撲の賭けで勝ったから今の自分がある、と吉之助に礼が言いたくて呼び出したのでした。何のことか良く分からない吉之助に、於一は「次は江戸で会おう」と言います。「共にお殿様のために尽くそうぞ」と言われ、吉之助の意志が固まります。

そんな吉之助の後押しをするように、正助は郷中を駆け回って吉之助を江戸へ行かせるための金策をします。集まった二十両を見て、吉之助は江戸行きを口にしました。

そこに須賀の父親が須賀を連れてやって来ます。頭を下げて、須賀との離縁を申し入れます。父親は餞別として十両を差し出しますが吉之助は辞退。それに対して須賀は「手切れ金です。」とつっけんどんに言い捨て受け取らせます。

江戸行きを反対する須賀がいては吉之助は江戸に行けないと、須賀が身を引く形で離縁を決め、短い夫婦生活でしたが、その真意を汲んだ吉之助は去って行く須賀に礼を言うのでした。

皆が集めてくれた二十両と須賀からもらった十両で支度をした吉之助は、いよいよ江戸へ向かいます。

二話分の結婚生活

須賀が何をしたというの…という辛い回でした。辛い回続き過ぎじゃないです?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。