大河ドラマ「西郷どん」|第七回「背中の母」

先週に続き泣き回が続いてしまいました。

辛すぎて「もう早くもっと時代進めて活躍してくれ…!」とまで願う始末です。

「背中の母」あらすじ

西郷吉之助(後の西郷隆盛)の家では、祖父である龍右衛門が死去。

吉之助の嫁取りが見られなかったのが残念だ、と生前言っていたという話から、一旦まとまったのに吉之助が断ってしまったという縁談を、父の吉兵衛が再度まとめに行きます。

吉之助は嫁取りよりも、藩主・島津斉彬が江戸へ向かうのにお供を募集していて、そちらについていけるかどうかが気になっています。

父親の勧める結婚に今一つ乗り気にならない吉之助に、隣家の大久保正助(後の大久保利通)は、吉之助が嫁取りをしないと、想い合っている相手のいる妹の琴も嫁ぐことが出来ない。謹慎中の身である自分は嫁取りも江戸行きも叶わない…と愚痴を零し、吉之助に嫁をもらうよう勧めます。

またその頃、母親の満佐も寝込んでしまいます。

死去したばかりの祖父の死因である労咳を満佐はもらっており、恐らく先は長くないので吉之助には早く嫁を貰ってほしいと切望していると聞かされ、吉之助は嫁とりを承諾するのでした。

一方、斉彬は従妹である於一(後の天璋院篤姫)を養女にすることに決めました。なぜ自分なのか?と問う於一に斉彬は、よく食べて健やかで、博打が強いつまり運が良いことを理由に上げます。

そして島津家当主の娘として、江戸に輿入れをしてほしいというのです。その相手とは?との問いには、まあそれはそのうち、と言葉を濁してしまうのでした。

しばらくして、西郷家では念願の婚礼が取り行われました。吉之助に嫁いできたのは、須賀という、まるで能面のように表情の無い美しい女性でした。

婚礼も終えて布団を敷きながら満佐は須賀に「明日の朝は一緒に畑に行こう」と言います。自分の死期を察している満佐は、一刻も早く新妻である須賀に代わりが務まるようになって欲しく、頭を下げて須賀にお願いをします。

須賀は須賀で自らの愛想の無さを頭を下げて詫び、吉之助と満佐は微笑ましく須賀を見詰めるのでした。

翌朝から早速満佐は西郷家の細々としたことを教え込みます。その夜に吉兵衛は須賀に、夫婦とはまずは相手に惚れることからだと自分と満佐の惚気話を聞かせて、上機嫌でした。

しかし翌朝、吉兵衛は布団で亡くなっていました。
ショックも重なり、満佐はますます体調を悪くしてしまいます。

満佐を案じた須賀は、一年の間に二人死んだ家は人形を墓に埋めないと三人目が連れて行かれるという言い伝えに乗っ取って人形を埋めようと言い出しますが、祖母のきみに迷信だと一蹴されてしまいます。

食事もままならなくなった満佐は、吉之助にお願いして、背負われて桜島を見に行きます。

吉之助は斉彬の江戸行きのお供に選ばれなかったのですが、それはそもそも立候補していなかったのだろうと満佐に言い当てられてしまいます。そんなことはないと否定する吉之助ですが、昔から嘘が下手だから、と満佐は言います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。