デアゴスティーニのねこあつめ

デアゴスティーニをご存知ですか?

最初の号だけ特別価格で購入できる本なのですが、全部の号を購入するとミニチュアなお城が完成したり、動くロボットが作れたり、と、その分野が大好きな人には堪らない付録が付いているのです。

でも全号揃えるって本当に大変…。全部で70号ぐらいまであったりしますし、しかも2号目から特別価格ではなく、通常価格になるので金銭的に余裕がないと全巻なんて気が遠くなる話です。

そんなデアゴスティー二、これまで1度も手を出したことはなかったのですが、今回ハンドメイドが大好きな私には魅力的でたまらない「ニードルフェルト」が特集されています。このニードルフェルトとは専用のニードルと言われる針でふわふわな繊維を刺していくだけで自由な形を作ることができるというもの。

そして今回この「ニードルフェルト」の題材になっているのは「ねこあつめ」というアプリにでてくるねこ達。このねこ達が毎号1つずつ作ることができる今回のデアゴスティー二。「ねこあつめ」というアプリには興味がないのですが、ねこがとにかく可愛いので、創刊号特別価格299円(税込)という安さにも惹かれ購入してみました。

定期購入する気は全くないのですが、とりあえず中身のご紹介と、作ってみた感想や難易度についてレビューしてきたいと思います。

デアゴスティー二って?

デアゴスティーニは、世界各国で事業を展開する多国的企業であり、日本には1988年に参入した。一つのテーマに関する情報を、週刊ないし隔週刊での分冊形式にして提供するのを特徴としています。

人体の謎や宝石、恐竜、バイク、帆船、ロボット、鉄道、世界遺産、ドールハウス、スターウォーズ等の大百科を分厚い1冊にまとめても疎んじられるため、分冊方式にすることで買い求めやすくした。

創刊号だけは290円や580円等、非常に手に取りやすい価格にして以降も集めたくなるよう購買意欲をそそる手段をとっているのは周知されています。

ねこあつめとは?

「ねこあつめ」とは、そもそもスマホのアプリだそうです。

私もうっすらは知っていたものの、ゲームとは無縁なので完全にスルーしていました。どうやらその「ねこあつめ」というアプリ、“ゴハンとグッズを置いておき、庭先にあつまってきたねこたちをただただ眺めて癒される”…そんなアプリだそうです。

何かの勝負があったりするわけでもなく、まったりのんびりねこを愛でるアプリということですね。

そしてそんなねこ達が集まってきたところを写真に撮って集めていくそうです。身近にいるねこだけでなく、レアねこと呼ばれる特徴のあるねこもいて、いろいろなねこをコンプリートするのが楽しいそうです。まさかのこんなのんびり楽しむアプリが海外でも人気になり、2017年春には「ねこあつめの家」で実写版の映画にもなったそうです。

ねこ達のいろいろなデータが見られたり…

写真を撮ってアルバムを作ったり…

ねこを呼ぶためのグッズをお買い物したり…

模様替えもできたりします

ねこあつめの号は3つのコーナーで構成される

ねこのつくり方

毎号1匹のねこを作ることができます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。