バレンタインチョコレート博覧会in阪急梅田

2月14日はバレンタインデーですね。
チョコレート業界はこのバレンタインの時期に命をかけているはず…。

主人も会社の後輩や同僚の女性からチョコレートをいただいたりするのですが、昔と違って義理でも「GODIVA」などの「高級志向」なチョコレートが多いです。

しかも最近は「友チョコ」なんていう言葉が流行っていて、ママ友でも女の子同士でも、仲の良いお友達におすそ分け感覚でチョコレートをあげたり…なんてことも。

我が家は上が男の子で下が女の子。

上の時は「男の子だからチョコはもらうもの」という認識だったので、特に友チョコを考えたことはなかったのですが、下の子が集団生活に入って初めてのバレンタインデー、まさか女の子のお友達にチョコをいただいたのです!

チョコを作ったりする習慣もなかったので、わざわざもらったからとバレンタインデーを過ぎてからチョコを作ってお返しするのも変かな~と、「初めていただいたから返すものがないのだけど、来年は渡すね!」と、昨年はありがたく一方的に頂いておきました。

というわけで、各家庭色々なバレンタイン事情がある中、今年は何か渡したい…と思っている矢先、お友達にチョコレート博覧会に誘われました。

その名も「阪急バレンタインチョコレート博覧会EXPO2018!」まさかの大行列に疲れ果てた1日でしたが、レポートしていきたいと思います。

バレンタインチョコレート博覧会2018年は1月24日~2月14日まで!

すでに始まっている「バレンタインチョコレート博覧会」は、1月24日から2月14日までです!

場所は阪急梅田9階の催事場となります。

まさかの開店前から警備員が注意喚起

私たちは幼稚園のお迎えもあるので朝一10時からの参戦。

開店5分前にはすでに阪急入口前に30人ほどの開店待ちのお客さんが…。この日がイベントのスタート日ではなく、すでに日時は2月7日…しかもど平日。お客さんはもちろん女性がほとんど。中には子連れ(赤ちゃん連れ)のママさんもちらほら…。

そして警備の方が…

「9階催場チョコレート博覧会の会場は、フラットではなく、よくすべるお客さまがいらっしゃいます。警察も出動することもあります。走ることなく、ゆっくりとおすすみください!阪急は全館写真撮影禁止ですが、9階のチョコレート博覧会においてのみ写真撮影が可能です。」

そんなアナウンスするんだ~とのほほんな感じ聞いていたのですが、すでに開店前からこの催しが大人気であることを伺い知ることができました。

開店したらエレベーターかエスカレーターか即判断

そして開店と同時にエスカレーターVSエレベーター。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。