豆乳豆腐鍋2種類食べ比べ!レンジで簡単!

冬の寒い季節。お鍋が美味しい季節になりました。

鍋というと主婦にはけっこうありがたいメニューで、体を温めてくれるメニューという以外に、野菜を切ってお肉を入れ、〆にうどんやラーメン、御飯で雑炊…と手間はかからないけれど家族は意外にも「ご馳走」。と思ってくれます。

でもその反面、それが3日も続くと飽きてしまう…手抜きとばれてしまう…そんなリスクもある「お鍋」。手を変え品を変え、皆さん色々なお鍋を試されているのではないでしょうか。

そんな中で、最近「豆乳豆腐鍋」をスーパーで見かけました。一人鍋なのですが、アルミの器に入っている「きつねうどん」や「鍋焼きうどん」「天ぷらそば」よりも美味しそうですし、「豆乳」といういかにも女性が好みそうな材料、また価格的にもスーパーで200円以下とリーズナブルだったので、2種類両方購入して食べ比べしてみました!

作り方も簡単で、お腹にしっかりたまる商品だったので、今回おすすめするためにレポートしてみたいと思います。

豆乳鍋の効能

豆乳というと、体にいいし、美容にもいいという印象がありますが、どんな風にいいのでしょうか。

豆乳には良質なタンパク質、大豆イソフラボン、ビタミンE、鉄分が多く含まれており、大豆タンパク質はコレステロールや中性脂肪を体外に排出する働きがあり、心臓病予防に効果があると言われています。

そして女性に嬉しい点として、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることが知られており、のぼせや火照りといった更年期障害の症状の緩和にも効果的だそうです。また、コラーゲンの生成を助ける働きもあるので肌にうるおいを与え、ハリツヤのある肌に促す効果が期待出来ます。

多くの栄養素は、加熱するとその効力を失ってしまうのは有名な話ですが、豆乳は加熱しても栄養素の損失が少ないということで、色々な面で嬉しい食材と言えますね。

相模屋の一人鍋シリーズ

今回はレンジて簡単調理できる豆乳豆腐を使った商品を2品試食してみたのですが、この相模屋の一人鍋はシリーズとなっているようで、他にもたくさんの種類の「一人鍋」があるようです。


まだいくつかラインナップはありますが、とにかく豆腐のアレンジの多さに驚きです。

豆腐といえば冷奴、湯豆腐、麻婆豆腐、揚げ出し豆腐にお味噌汁…というレパートリーくらいなので、カレーに合わせたり、わさびに合わせたりと、新しい発見になりそうです。また、「豆乳たっぷりスンドゥブ」始め、いくつかの商品に「第34回優秀ヒット賞受賞(日本食糧新聞社)」のマークがついており、これは期待できる感じがしますね。

ちなみにこの賞ですが、「日本食糧新聞社」において、毎年1回、前年度の食品界においてもっともヒットした製品を、全国100社を超えるモニター企業からの推薦により選考し、表彰するというもの。その受賞評価基準としては

1.需要創製に貢献したもの
2.市場活性化に役立ったもの
3.販売増加に寄与したもの
4.アイディアに富んだ広告、販促活動が効果をあげたもの
5.所蔵産業でリーダー的な起爆剤となったもの
6、.産業、ビジネスの新しい方向を指向した新規性のあったもの

だそうです。

調理はすごく簡単!

そんなヒット商品、とにかく今回購入した二つの商品についてはとてつもなく調理が簡単!というのが主婦にとっても独身の方にとっても嬉しいところ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。