風邪による子供の急な発熱&嘔吐対策!

風邪が流行るこの季節。お子様をお持ちの方は特にやきもきしますよね。

特にお仕事をお持ちの方は、先々のことまで心配してしまうのではないでしょうか。さてそんな冬のこの時期、世間は「インフルエンザ」「ノロウィルス」の話で持ちきりです。

小学二年生の男子と、幼稚園年中の女子がいるのですが、単なる風邪なら移し合ってお互い強くなってもらったらいいのですが、登校登園が禁止されている厄介な流行性の風邪にかかり時間差で兄妹にくると引きこもり10日間…なんてザラです。

子供たちは学校や幼稚園がお休み出来てラッキーかもしれませんが、親は変わらず徐々に元気になっていく子供の看病、食糧の調達、食事の準備、病院回り等、普段の平和な日々はどこへやら、家の換気、消毒ととにかく目が回るくらい忙しくなります。

お仕事をお持ちの方だと自分は元気でも子供達がそんな状況だと仕事を休まざるを得ないですよね。そしてやっと子供たちが回復したと思ったら自分が…なんていう話もあるあるです。

さて、そんな風邪が流行る時期、我が家は面倒なことに息子と私が同時にダウン!インフルエンザではなかったものの、家の中は荒れるし大変でした。そんな地獄のような2日間、どう乗り切ってきたか、ぜひ自分自身も今後の参考にしたくレポートしてみました。

妙な風邪が我が家にやってきた!

先述したように、我が家はインフルエンザではなかったものの、インフルエンザほどにだるく、それに胃腸風邪をくっつけたような妙な病気になりました。

どうやら小学生の息子のクラスで流行っていたようですが、朝は元気に登校した息子が下校した途端に突然発熱!

その日私も朝から微熱があり、登園拒否が酷い娘を何とか送った後、学校の役員の為9時から12時までは小学校へ出向かなければなりませんでした。ヘロヘロで小学校から帰宅し、娘のお迎えまで1時間程、さらに幼稚園のお迎えから帰宅してからも横になっていたのですが、まさかの下校後の息子の発熱!

しかもお互いに38度超え、&木曜の午後で病院は休診!困った~!

解熱剤(カロナール)はあるぞ!

大人の私はとにかく、子供の発熱はやっぱり心配。何が心配かというと、高熱でうなされたり、眠れず一日中苦しんだりすることもあるからです。そんなときはやはり解熱剤の出番。赤ちゃんなら座薬ですね。

念のため熱が出て受診すると「解熱剤どうしますか?」と聞かれます。

そんな時我が家は家に残っていても迷わずいただくようにしています。あれば安心だからです。粉末でも結構持つので旅行にも持っていくことも出来ますし、市販薬より体重に合わせて処方してくれるので安心です。

本来は38度5分を超えてぐったりしていたり、頭痛などが酷くて眠れない時以外はあまり使用しない方がいいので、使うこともほとんどありません。しかしもし薬がなくて夜に大変なことになったら、私の住んでいる西宮では自転車で行ける距離としては応急診療所行きになってしまいます。

しかしそこも23時15分までしか診てもらえないので、そうなると車を走らせてよその病院に行かなくてはいけません。

子供も大人も負担になるので出来たら頓服は常備薬として常にストックし、古くなったら処分していくという感じが一番です。

今回インフルエンザでも発熱したからといってすぐに陽性が出るかと言えばそうではないので、危険を冒して応急診療所へ行くより、インフルエンザの場合でも飲める解熱剤(カロナール)さえあればそれで凌げると思いました。

子供が嘔吐しそう!そんな時は…

とにかくしんどくて学校の仕事が終わってソファーで寝ていた為、御飯も適当に…と思っていた私。でも子供が大変!みるみるぐったりに…。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。