魔女の宅急便の良さ独自見解&ネタバレ|時を越えて感動!

1月5日、金曜ロードショーで「魔女の宅急便」が放映されました。

魔女の宅急便、私にとっては子供時代から大好きなジブリアニメです。

小学2年のころ、魔女の宅急便キキに憧れて「頑張ればホウキで飛べる!」と信じ、ホウキにまたがって飛ぼうしていた私。当時の友人に会うと「あの頃一緒に遊んでてほんと馬鹿だな~と思ってた」なんて言われる始末。

お年玉を貯めて買った「魔女の宅急便」のビデオ。デッキが壊れて取り出せなくなって大泣きした思い出。「魔女の宅急便」は私の中の青春だったといっても過言ではありません。

そんな「魔女の宅急便」ですが、幼少期に観た時と大人になってから観た時ではかなりその感動ポイントも違いました。という訳で、幼少期と大人になってから観た「魔女の宅急便」の感動ポイントの違いを見ながら改めて「ジブリアニメ」について独自に見ていきたいと思います。

「魔女の宅急便」あらすじ

「魔女の宅急便」の主人公キキは魔女の子供。魔女は13歳で独り立ちしなければならないというしきたりなので、キキは愛猫ジジと故郷を離れ自分たちの街を探しに行きます。

ようやく見つけた自分が思い描いていた素敵な街、でもそこに暮らす人は魔女がよくわからずキキたちを受けいれてくれない…。

そんな中、パン屋のオソノさんの店の空き部屋を借り、パン屋のお手伝いをしながら自分の才能を生かした仕事「空飛ぶ宅急便」を始めるキキ。

途中出会った自転車少年トンボとの数々の心のすれ違いを繰り返しながらいくつもの苦難を乗り越え、最後はトンボの命の危機を救い街の人から認められ自信を取り戻して街に溶け込んでいく…という話。

幼少期に観た時の感想

幼少期はただ「キキ可愛い~」「私も飛びたい!」「一人で自分の街を探すなんて大人~」なんていう単純な憧れを抱いていたというのが率直な感想。

そもそも「よその街の人がキキを受け入れてくれない」という場面がよくわかっていませんでした。人生経験が少ない小学生のころ、まだ友達同士の「仲間はずれ」くらいしか経験のない子供にとって「よその街の人から受け入れられないって何?」という感じだったのでしょう。

「空を飛びたいな~飛んだら修行にいくんだ~♪」そんな憧れを胸に日々過ごしていた私でしたが、その年代の子供にとって「魔女の宅急便」はそれで良かったのだな…と改めて思います。ある意味世代を越えた大作とはこれではないかと思えたのは、子供を産んでから初めて金曜ロードショーで観た時だったのではないでしょうか。

アラサー「魔女の宅急便」で涙する

子供の頃に観た「魔女の宅急便」では全く涙すらなかったのですが、子供に観せるためにつけた金曜ロードショーの「魔女の宅急便」では…

「ママが子供時代に大好きだったお話だよ~」と見始めて、終わりの頃には嗚咽…。

最初はがむしゃらに頑張るキキですが、徐々に色々な人に出会いカルチャーショックを受けるキキ…。

特にキキの心情が揺れるシーンとしていくつか挙げると…

「にしんと南瓜の包み焼き」を乱暴に受け取られるシーン

孫の誕生日のために「にしんと南瓜の包み焼き」を作るおばあさん。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。