DAISOの“リップティント”の実力を比較検証!

30代も半ば…そろそろ肌のハリツヤも少なくなり、冬の乾燥が堪える年齢になってきました。

気になるのはもちろんほうれい線、目の下のくすみ…数え切れないのですが、今回は他人からもひと目で分かる「唇」に着目してみました。唇も30代半ばになると正直、リップをしないとかさかさです。

家にいるときは薬用リップや薬用バーム、ワセリン等、色も艶も無視、とにかく保湿なのですが、外出となればやはり色味が気になります。なにせ30代半ば、寒さも相まって血色も悪くなっています…。

というわけで、普段私は外出時には必ず唇に色味をつけていくのですが、スティックタイプの口紅より、艶や色味が出る「リップグロス」を重ねづけなしでつけています。

スティックタイプの口紅でも艶の出るものはたくさんあるのですが、あっても「グロス」ほどはなかなか出ませんよね。そして口紅は唇が乾燥していると唇のシワに入り込んで、なんだか縦ジワが強調される気が…。

上記の理由で私は「グロス派」なのですが、最近は色々なタイプのグロスがたくさん出ています。

そんな「リップグロス」ですが、最近ちょっと噂になっているのが「リップティント」。私も最近知ったのですが、どうやら唇に塗るというより唇を染めるという感じのコスメ。しかもその人の体温によってカラーも変わるというもの…。

そんな不思議なリップグロス…気になりますよね。でもまだ自分の手持ちのリップグロスもあるし…というわけで、プチプラでさえ購入を少々悩んでいたら、なんと「DAISO」にリップティントがあるよ!という話が!

こちらがそのリップティント。商品名は「エスポルールリップグロス」。

100円なので効果は期待できないと思いながら、試してみる価値あり!という事で購入してみました。実は品薄な商品らしいので、カラーが選べず1カラーのみとなりましたが、手持ちのリップグロスとリップティントを比較してみました。

結果としては、これはなかなかいい勝負!もしかしたら色付きや長持ちの点からすると「DAISO リップティント エスポルールリップグロス」のほうが優秀かも!という結果です。

その比較内容やそれぞれの耐久性についてもいい勉強になったので、レポートしていきたいと思います。

リップティントとは

先述しましたが、「リップティント」とは、唇に塗るというよりも「唇を染める」という感覚のリップです。そしてその人の体温でカラーも変わるという不思議な性質を持ちます。

「染める」わけですから、落ちにくくカラーが持続するというメリットもありますが、なかなか落としにくい、衣服を汚してしまうとちょっと大変というデメリットもありそうです。

普段のリップグロス「FASIO フルプランプ リップエッセンス」

「DAISO」のリップティントをご紹介する前に、私の愛用している「リップグロス」について書いていきたいと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。