家族中に蔓延した胃腸風邪の原因と反省点

私は東京在住ですが、実家は愛知県にあります。

長女が赤ちゃんの頃は月に一度程度帰っていましたが、小学校に上がると長期休暇の折にしか帰れないので、お盆と年末年始の帰省を実家側は楽しみにしてくれています。

今年度の年末年始は主人が上手く休みを取れず、滞在が短くなるのでどうしようかなとも思ったのですが、やはり実家からの期待も大きく(笑)がんばって帰省してきました。

そしてその帰省中に、何と胃腸風邪で一家総出どころか実家義実家巻き込んで、総勢16名が寝込むというとんでもない年末年始を過ごして来ました…まだまだ胃腸風邪が猛威を振るう季節です。なぜどこかで止められなかったのか、次回以降への自分の戒めも含めて反省点を書き出してみます。

子どもが集まる場所に安易に行った

親の実家というところは、親はのんびり出来ても子どもにしてみると割と退屈です。

我が家の娘たちも、どこかに遊びに行きたいー!と喚くので、主人がショッピングモールの中にある、有料の室内遊技場へ連れて行きました。そこで数時間遊ばせて、おやつを食べて帰って来たのですが、恐らく最初の感染源はここじゃないかなと思っています。帰宅した折は手洗いうがいをさせましたが、おやつの前は手を紙のお絞りで拭いただけだと言っていたので…

初動を誤った

長女と次女は、主人と三人で先に義実家へ行ってもらいました。そしてその晩に、次女が盛大に嘔吐したそうです。

連絡をもらった私は「全員マスクをして、汚れ物は即熱湯消毒かハイター消毒を!」と返したのですが、なぜか呑気な義実家メンバー、昼食が食べ放題だったからと食べ過ぎと判断し、大した対策をしなかったそうです。

ここが後からも響くのですが、恐らくこの初動ミスで義実家には残留ウイルスがはびこったと思われます。次女はそのあと一晩眠ったそうなのですが、翌朝主人が「水分補給しなきゃ!」とポカリスエットを一気飲みさせてまた嘔吐。いい加減にしろよ旦那、と私が思ったのは言うまでもありませんね!

下の双子と私の安全のために義実家行かないでおこうかなと思った私にヘルプを求めてきたので、渋々義実家で合流しました。

初動を誤ったその2

次女は順調に回復しました。その順調な回復がちょっとした油断を与えたのだと思います。

次女の発症が12/30で、1/2まで誰も不調を訴えなかったので、よかったね広がらなかったね、と私たちは警戒を解いて通常通りのお正月の予定で動くことにしました。

1/1は義実家で過ごし、1/2は私の実家に行く予定だったので移動しました。
移動した途端、主人が発熱と吐き気でダウン。

次女の症状とはちょっと違ったので、もしかしてこの人はインフルエンザではないだろうか?と危惧して、即座に隔離をしました。マスクとビニール手袋をつけた私以外は近付けず、部屋には空気中の除菌をする薬剤を置き、と主人の発症に対しては対策はきちんと出来たと思います。

そして1/2を過ごして1/3の明け方、四女が盛大に下痢をしました。

もうおむつなんて意味が無いくらいパジャマがべったり汚れ…幸いマスクをしたまま寝ていたのでそのまま着替えさせ、パジャマは熱湯で流してからハイターで更に消毒して部屋にはクレベリンスプレーをして、しつこいくらいに手洗いうがいをして。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。