大河ドラマ「西郷どん」|第四回「新しき藩主」

私は愛知県小牧市の出身でして。

それゆえ本日オープニングクレジットに、小牧市出身のスピードワゴンの井戸田潤さんの名前があって、本編見る前からハイテンションでした。井戸田さん普通に演技上手いじゃない!そんな第四回「新しき藩主」です。

あらすじ

師である赤山靭負に切腹の沙汰が下ったと知らされた西郷吉之助は、お城へ異議申し立てをするために走りますが仲間たちに止められます。そして大久保正助(後の大久保利通)の発案で、島津久光の元へ直訴へ。

過去三回でも調所へ直接農民の困窮振りを訴えたり斉彬に直訴することを赤山に頼んでみたり、割と危ない橋を渡ってきながらも何気に望みを叶えてきた主人公ですが、今回久光には、自分に出来ることは無いとばっさり断られます。

赤山の弟である島津歳貞が自宅へやって来て、吉之助の父・吉兵衛に赤山の介錯を頼み、吉之助には門弟たちと赤山の元へ行くよう告げます。

吉之助や正助たち門弟は、死ぬことが決まっていながら明るく振る舞う赤山と、思い出話に花を咲かせながら最後の酒を酌み交わすのです。

そして赤山靭負は西郷吉兵衛の介錯で、弟と吉之助に見守られながら切腹してその生涯を終えました。吉之助は赤山の血染めの肩衣を抱えて涙ながらに憤慨します。

次々と斉彬派を粛正した藩主斉興は新年の挨拶で江戸へ出向き、将軍から茶器を下賜されます。お上から茶器を頂戴するというのは、隠居して茶でも飲んでろ。ってことらしいです。

幕府に言われちゃ隠居するしかないよねー!と思ったのですが、斉興は斉彬に怒る怒る。

斉彬に藩主を譲るくらいなら、密貿易や琉球出兵の咎を受けて薩摩藩取り潰しの上死んだって構わないとまで言い切ります。説得を諦めた斉彬はアメリカの銃を取り出して、銃弾を一発だけ込めてシリンダーを回し、ロシアンルーレットをやろうと言い出します。

まずは斉彬が自らのこめかみに銃を突き付けて引き金を引き、外れ。

次に斉興がこめかみに銃を当てますが…恐怖から引き金を引くことが出来ず。渋々隠居すると言い出します。これにより斉彬はついに藩主として薩摩入りを果たします。薩摩中から歓迎を受け、ついに薩摩に変革の時が訪れるのです。

赤山靭負の死

主人公・吉之助にとって初めて、身近な人の無念の死を見た回でした。身売りされるふきを助けようと奔走したときも、脱藩しようとしている半次郎を助けた時も、無茶な直訴で出来得る限りのことはしたんですよね。ふきは残念ながら売られてしまいましたが死んだわけではないし。

それが今回は直訴しても「知らん」と受け止めてもらうことも出来ず、吉之助は赤山に迫る死の前に見事なまでに無力でした。前三回までには割と誰かしらに救いを与えていた吉之助ですが、今回は自分の薩摩における存在の小ささをまざまざと思い知らされたのではないでしょうか。

赤山の死が無駄にならず、彼の成長へ繋がるという描写に今後期待です。

今回改めて思ったのですが、今回の大河は背景がとてもきれいですね。赤山の肩衣を抱えて走る吉之助の背景が、抜けるような青空と青々とした生垣とか。斉彬がお国入りしたときの桜島と、足元の砂とか。赤山の切腹後、画面がモノクロへ転じて肩衣のアップでカラーに戻る演出も美しくて、カメラワーク技術はすごい高いなあと思います。

その一方で、もう少し歴史的な掘り下げをしてくれないかな…!と思うことも稀に。

今回は、お由羅騒動に関してなぜ幕府が斉彬につく形で斉興に隠居勧告したのかって辺り描いて欲しかったですねえ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。