アイアクトの効果&レビュー

最近使っているものがこちら、アイアクトというジェルです。

保湿美容ジェルのような見た目ですが、このアイアクト、実は「目のけいれん」を改善するもの

アイアクトを塗ってみます。

アイアクトのジェルは完全に透明で、粘度はそこそこあります。
例えると「水のり」っぽい粘度です。

アイアクトをどこにぬるかというと…目ではなくおでこや眉間、まぶたのまわりにぬります。

目のギリギリ、皮膚の薄いところにぬってしまうとかぶれたり、目に入ってしまって痛くなったりするそうなので、ぬるのは額、眉間、目からちょっと離れたところあたりにしておきましょう。

アイアクトを塗るとどうなるかというと、…ぶっちゃけ、とくにこれといって劇的な変化はありません…。

アイアクトをぬると「保湿されてるな~」という感じはするのですが、残念ながら「すぐにぴくぴくが止まった!」といったほどの劇的な変化はないです。

ただ、目元がつっぱったり、乾燥でばりばりになることがなくなったので、そのおかげか「引っ張られるようなぴくぴく」はなくなりました。

とくにパソコンを長時間見ていてドライアイになりがちなタイミングで、アイアクトをぬるとひんやり気持ちよく、すーっと目元がリラックスできるのはとても良いです。

公式サイトはこちら

アイアクトのつけ心地

アイアクトを顔にぬって良いだけあって低刺激(というか刺激一切なし)でニオイもなしなので、いい意味で「つけてる感がない」です。

アイアクトのジェルが浮いて油っぽくなるようなこともなく、透明ですぐに乾くので化粧に影響しない、というのは評価したいです。色がついていないジェルですし、クレンジングする必要もないため、「今日はすっぴんでいいや」というときも、気兼ねなくぬることができて便利です。

アイアクトをたくさん出し過ぎると多少べたつくときもあります。つけすぎたなと思ったら、しっかり伸ばせばだんだん浸透します。表面に残ってしまったものも次第に乾いてくるので、べたべた感が続くということはありません。

アイアクトを逆に少なくつけてしまったときは、すぐに乾いてぱりぱりになって、ぱりぱりになった部分がかゆくなってくることもあったので、ケチってつけるのはあまりおすすめできないです。

オイリー肌につけても浸透しないということはありませんが、やはり洗顔してきれいに油分をとってから使用したほうが浸透はいいです。清潔な肌につけたほうがいいと思うので、朝夜の洗顔後につけるのが一番良いでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。