ひらパー|ポケモンフライヤー天空のひらパー島を体験

大阪枚方市にある、ひらパーこと「ひらかたパーク」。

催し物として、定期的に開催されているのが「ポケモンフライヤー」です。小学一年生の息子と、ポケモンフライヤーに挑戦してきました。

ポケモンフライヤー概要

★料金:800円(観覧車1回料金含む)
小学生以上からひとりで参加可能
0歳~未就学児は、15歳以上の同伴者(有料)が必要
★場所:ひらかたパーク園内全域

★内容:専用アイテム「アイテムカード(ICカード)」を受付でもらい、園内に隠されている3つのアイテムを探す。

アイテムがすべて揃ったら、観覧車乗り場でタブレット端末と引き換え、観覧車(フライヤー)に乗り込む。タブレット端末をかざせば空中にポケモンが出現するので、ゲット!

ポケモンフライヤーを体験

まず、正面入り口横にあるイベントホールへ行きましょう。

参加料金800円を支払い、ポケモンフライヤーに使う「アイテムカード」をもらいます。アイテムカードはICカードになっていて、ちょっと分厚め。首から下げられるようになっています。

つぎに、園内に3カ所ある特設ラボを探します。アイテムカードといっしょに、ラボのヒントが書かれた案内書ももらえますので、見ながら探していきましょう。

すぐに見つかるラボもあれば、大人でもちょっと見つけにくいラボもあります。園内3カ所、散らばっているので歩くと結構疲れますから、暑い時は水分補給をしながら探すようにしましょう。

ひらパーは山のうえにあるので、うっかりラボを通りすぎてしまうと、また山を登ったり降りたりしなければいけないので、見落としには注意です。

1カ所目のラボは、イベントホールからすこし行ったところにあるバラ園にありました。バラ園を散策しながら奥まで行くと、列車乗り場の横あたりにブルーのテントを発見!

残り2カ所は、園の真ん中あたりと、山の上のほうです。園の真ん中あたりにあるラボはちょっと分かりづらい位置なので、親子でいっしょに探してみてくださいね。

ラボにはこのような端末が置かれています。最初にもらった「アイテムカード」をこれにかざすことで、カードのなかにアイテム情報がたまっていきます。

ラボを3カ所まわって「モンスターボール」「ポケモンあつまるスプレー」「そうじゅうハンドル」の3つをゲットしたら、観覧車へ向かいます。

観覧車乗り場でアイテムカードを渡すと、このようなタブレット端末(ポケモンギア)と交換してもらえます。このタブレット端末を持って、観覧車に乗りこみましょう。

観覧車のなかに書いてあるパスコードを端末に入力すると、ポケモンゲットゲームがはじまります。

つぎつぎ出現するポケモンを、モンスターボールを投げてゲット!(ポケモンGoと似たような感じです)

最初にたくさんボールを使ってしまうと、最後のほうにでてくるホウオウなどレアなポケモンがゲットできなくなってしまいますから、使い過ぎには注意です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。