自立神経系乱れがちな35歳!実践している対処法

自立神経」という言葉、アラサーの方なら頻繁に耳にするのではないでしょうか。

自立神経が乱れると、急な不調、何となく胃腸の調子が悪い、吐き気、めまい、耳鳴り、火照り、不眠など、様々な症状を引き起こします。この中のどれか1つでも心当たりがある方、意識はしていなかったかもしれませんが、実は気づかぬうちに「自立神経」が乱れているかもしれません。

ネットで検索「自立神経」とは

“循環器、消化器、呼吸器の活動を調整するために、24時間働き続ける神経”とあります。私たちが意識していない体の働き(呼吸、消化、血流)を司っている神経のため、自立神経が乱れると、非常にしんどいものだということはよくわかると思います。

また、この「自立神経」は体の活動時や昼間に活発になる交感神経、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。

この2つのバランスが悪くなると「自立神経の乱れ」として先述した色々な不調があらわれるのですが、私はまさにこの「自立神経の乱れ」によって日々激しい体調の変化に悩んでいます。

どんな時に「自立神経」が乱れるの?

私の場合、産後からひどくなりました。

最初は「自立神経が乱れている」といわれても「?」という感じでしたが、子供の頃から特に「神経質」だった私。子供に関するあらゆることが心配、とにかくネガティブ…。

どんなにネガティブかというと、人には馬鹿にされるかと思いますが、長男を出産した時、世間は「新型インフルエンザ」が流行。真夏でも冬でも関係なく多くの方が「新型インフルエンザ」にかかりました。

当時「新型インフルエンザ」という言葉を聞いただけでハラハラ、予防接種に行くにも、風邪で小児科に行くにも「咳一つ当たったら移る…」という恐怖に怯えていました。出来るだけ外出せず、引きこもり、もし外出しなければならない時はベビーカーにカバーをかけるか抱っこ…。

そして見知らぬ土地で主人の帰りを待つ…というだけの生活…私のストレスも限界まできていたのでしょう。背中の懲りがひどくなり、胃の裏が痛い…と常に胃痛や吐き気と戦っていた気がします。

要は周囲の環境の変化等によるストレスが原因だったのでしょうが、それ以外にも、睡眠不足や栄養不足等、生活習慣の乱れなどの要因が重なっているようです。

現在は子供もそこそこ大きくなり、集団生活で常に菌にまみれているのでそこまで気にすることもなくなりましたが、大きくなってきたが故の悩み(勉強や怪我、反抗期)により、違ったストレスも多くなっています。

「自立神経が乱れている」時の対処法

「自立神経の乱れ」、神経質な性格が関係するのかわかりませんが、私が母に聞く限り、祖母の代からひどいらしいです。

どう酷いかというと、背中の懲りや肩懲りが酷く、母はめまい、耳鳴り、胃の不快感等、ありとあらゆる不調が続いた時期があり、今もストレスが溜まるとそのような症状が現れるそうです。更年期を除けば育児中が特にひどかったらしく、兄の受験等、環境の変化によって体に異変を感じていたと聞きます。

そんな母に似通った性格の為か、私も育児をしていると、様々な不調があります。特に背中の懲りは酷く、背骨を挟んだ筋肉の辺りが非常に懲ります。また吐き気、首を絞められているような感覚、不整脈…といった症状が現れます。

そんな時の対処法や、どんな時にそんな症状がでるのか等について、私自身の経験をもとにまとめていきたいと思います。

背中の懲りが激しい時

これは、外出時が酷いです。私は子連れの外出が好きではありません。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。