赤ちゃん(産まれてから3か月ごろまでの乳児)のオススメおもちゃ

新生児期(産まれてから1か月まで)~とにかく愛でましょう

子どもが産まれてから、寝て起きては泣いてミルクを飲んで、泣いてオムツを替えてまた寝て……を日々繰り返す、首もすわっていない寝転がっているだけの、長いようでとても短い1か月間の新生児期間。

この頃の赤ちゃんは、あまり遠くまで見えておらず、表情もまだ乏しくてあやしても特に笑うわけでもありません。

むしろ、下手なあやし方をすると、ゆさぶられ症候群などの危険があります。

ですので、出産という大仕事を終えた疲れと、それ以降の赤ちゃんの昼夜問わずのお世話による寝不足により、なかなか回復していないであろうお母さんの体をいたわりつつ、そっと赤ちゃんの寝顔を愛でるだけの時期といっていいと思います。

2か月ごろ~音の出るおもちゃであやそう

2か月を過ぎる頃からは、早い赤ちゃんは首もすわりはじめますが、この頃はまだ生理的微笑の延長上の笑顔が多いのではないでしょうか。

2か月も後半にさしかかってくると、何かをすることによって笑ってくれることが増えてくると思います。2か月前半くらいだと、まだおもちゃを与える時期としては早いかもしれません。

でも音は聞こえているので、泣き止まずに困ったときなんかは、気をそらせるために音の出るおもちゃを使うのはいいかもしれません。……ただし、音が出ているときだけしか効果はないかもしれませんが。

名前がわからないのですが、写真のおもちゃ(楽器?)は、多くの赤ちゃんに効果絶大だそうです。知り合いの、ベビーシッターをされている方がオススメしていました。

実際にベビーシッター先で使うこともあるそうで、いろんな赤ちゃんの興味を引いているという話も聞きますし、私自身も、上の子どもが赤ちゃんのときや、姪っ子が赤ちゃんのときに使って、その効果は経験済みです。

音が鳴り続けた状態で動いているのが視界に入ってくるメリーは、もし赤ちゃんが興味を持ってくれたなら、スイッチを入れてその下に寝かせておけばいいだけなので、とても役に立つと思います。

2か月でも、後半になってくると、少しはおもちゃに興味を示すかもしれません。

メリーがあれば、手を伸ばして触ろうとするかもしれませんし、動くものを目で追うことも。ただ、握力がまだあまりないので、手で触れるものはいいのですが、ガラガラなどのつかんで遊ぶものについては、布製のものなどを使わないと、プラスチックのものだと、うっかり顔の上に落として泣かれてしまうこともあります。

これは、つい最近やらかしてしまったので、実体験に基づく注意です。

3か月ごろ~つかめるおもちゃが大好き!

3か月を過ぎる頃には、表情が豊かになってきますし、いろんなことに興味を持ちはじめるので、おもちゃが楽しく使えるようになってきます。

大人も、おもちゃで遊ばせたりあやしたりと、なんとかかわいい笑顔を引き出したくなる頃です。今まで無表情に近かった赤ちゃんが笑ってくれると、それまでの疲れなんて吹っ飛びますよね。本当に癒されます。

しっかりつかめるようになってきたら、ガラガラや歯がためなんかを持たせると、自分で振って音を出したりガジガジかじったりして遊びますし、布絵本や、カサカサおもちゃというのでしょうか?

布の中にビニールが入っていて、触るとカサカサと音がするようなおもちゃにとても興味を示すと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。